G-Tab.Net
アーティスト名/楽曲名の一部を入力すると検索できます。










さだ まさし(本名:佐田雅志、1952年4月10日 - )は長崎県長崎市出身のシンガーソングライター、タレント、小説家。ファンとスタッフの間では「まっさん」の愛称で親しまれている。身長は160.5cm。血液型はA型。二人組のフォークデュオ、グレープでデビュー。「精霊流し」のヒットにより全国にその名を知られるようになった。 ソロシンガーになってからも「雨やどり」、「関白宣言」、「北の国から〜遥かなる大地より〜」など数々のヒット曲・有名曲を生み出してきた。その叙情的で文学的な歌詩の世界は独自のものとして定評がある。


スポンサーリンク



楽曲情報について、wikipedia(http://ja.wikipedia.org/)より引用しています。
楽曲名楽曲情報
秋桜(コスモス)作者であるさだまさし自身がアルバムに収録し、また中森明菜や福山雅治、平原綾香などポップス・演歌・クラシック等のジャンルを問わず数多くの歌手によりカバーされている。 シングルレコード盤ジャケットに掲載の歌詞はさだの自筆である。 嫁ぐ娘が母を想うという内容の曲で、結婚式での定番ソングのひとつとなっている。
防人の詩「防人の詩」(さきもりのうた)は、シンガーソングライターさだまさしが1980年7月10日に発表したシングルである。「防人の詩」はさだと縁のあった山本直純が音楽監督を務めた映画『二百三高地』の主題歌であり、さだの代表作のひとつとされている。
スポンサーリンク




 

JASRAC/JRC許諾


許諾番号:9012080001Y38026
/9012080002Y31015


許諾番号:X000381B01L
/X000381B02L



アーティスト名の頭文字で検索して下さい。


ギター購入  ベース  アニソン   洋楽   邦楽  クラシック  artist  楽譜   コード  MIDI