G-Tab.Net
アーティスト名/楽曲名の一部を入力すると検索できます。









バンド名「スピッツ」は草野が高校時代から暖めていた名前。草野は「s」に「p」が続く単語(「special」や「crispy」など)が好きであり、辞書でこの単語を見つけ、発音やその意味(ドイツ語で「尖っている」「辛辣な」)が気に入ったことから命名された。また、結成当初はパンクバンドであったことから(来歴を参照)、昭和時代に人気があった愛玩犬種日本スピッツに絡め、「小さい犬ほどよく吠える」という後付の意味も込めている。「スピッツ」は英語風の発音に基づいており(本来のドイツ語発音では「シュピッツ」)、デザイン上アルファベット表記も多用されるが、カタカナ表記が正式である。


スポンサーリンク



楽曲情報について、wikipedia(http://ja.wikipedia.org/)より引用しています。
楽曲名楽曲情報
ロビンソン『ロビンソン』は日本のロックバンド・スピッツの楽曲で、通算11作目のシングル。1995年4月5日にポリドールより発売。
涙がキラリ☆『涙がキラリ☆』(なみだがきらり)は日本のロックバンド・スピッツの楽曲で、通算12作目のシングル。1995年7月7日にポリドールより発売。 「青い車」や「ロビンソン」の時と同様、このシングルも発売直前まで「涙がキラリ☆」と「ルナルナ」どちらをA面にするか決まらず、両A面にするか、「涙がキラリ☆」を出した後すぐ廃盤にして「ルナルナ」を出すという案もあった。
運命の人『運命の人』(うんめいのひと)は日本のロックバンド・スピッツの楽曲で、通算17作目のシングル。1997年11月27日にポリドールより発売。
運命の人 コード曲自体は6thアルバム『ハチミツ』(1995年)の時に出来ていたが、選曲会議では度々没となっており、このシングルの選曲会議でも草野は「もうこの曲は飽きられた」と思っていたが、ようやくメンバーが乗り気になったため、レコーディングに至った。
空も飛べるはず「空も飛べるはず」(そらもとべるはず)は、日本のロックバンド・スピッツの楽曲で、通算8作目のシングル。1994年4月25日にポリドールより発売。ドラマ主題歌(後述の『白線流し』とは別)の依頼を受け、草野がシナリオを読んで2〜3日で書き下ろした曲。結果的に主題歌候補からは外れたものの、シングルとして発売された。
空も飛べるはず コード1994年の発売当初はオリコン最高28位だったが、1996年1月からフジテレビのテレビドラマ『白線流し』の主題歌として起用されたことで同一品番で新たにプレスされる。その影響からチャートを上昇し、スピッツのシングル初のオリコン1位を獲得、ミリオンセラーとなる(なお、ドラマで使用されたのはアルバムバージョン)。
スポンサーリンク




 

JASRAC/JRC許諾


許諾番号:9012080001Y38026
/9012080002Y31015


許諾番号:X000381B01L
/X000381B02L



アーティスト名の頭文字で検索して下さい。


ベース  アニソン   洋楽   邦楽  クラシック  artist  楽譜   コード