G-Tab.Net
アーティスト名/楽曲名の一部を入力すると検索できます。









AKB48(エーケービー フォーティエイト)は、秋元康の全面プロデュースにより、2005年に誕生した、日本の女性アイドルグループである。秋葉原に専用劇場であるAKB48劇場を持ち、ここでほぼ毎日公演を行っている。


スポンサーリンク



楽曲情報について、wikipedia(http://ja.wikipedia.org/)より引用しています。
楽曲名楽曲情報
ポニーテールとシュシュ「ポニーテールとシュシュ」は、AKB48の16作目のシングル。2010年5月26日に劇場盤、通常盤がそれぞれYou,Be Cool!/KING RECORDS、NEW KING RECORDSから発売された。 日本テレビ『なるほど!ハイスクール』エンディング・テーマ フジテレビ系『クイズ!ドレミファドン!!〜芸能人最強イントロ王決定戦〜』エンディング・テーマ イトーヨーカ堂『イトーヨーカドー2010 Summer Collection』CMソング CS『AKB48ネ申テレビ Season4』オープニング・テーマ
ヘビーローテーション「ヘビーローテーション」は、AKB48の17作目のシングル。2010年8月18日にキングレコードから発売された。 キャッチコピーは「好きな人ができると、頭の中は、ずっと、ヘビーローテーション!」。 前作「ポニーテールとシュシュ」に続き、2種類の通常盤と劇場盤が同時に発売された。通常盤は、それぞれジャケットおよび収録内容が異なる。大島優子が初めてセンターになり、初めてソロでのジャケット写真を飾った。
ヘビーローテーション コードジャケット写真のプロデュースと表題曲「ヘビーローテーション」のMV監督は蜷川実花が担当している。なお、蜷川はAKB48がメジャーデビューする前の2006年夏からAKB48劇場に頻繁に通う古くからのファンで、かねてより関連作品を手掛けたいという気持ちが「猛烈に」あったため、本作で長年の思いが叶った。その後もメンバーの雑誌の表紙撮影などを手がけている。 AKB48リクエストアワーセットリストベスト100で2011年、2012年と2年連続1位に選ばれた。
会いたかった「会いたかった」(あいたかった)は、AKB48のメジャー1作目のシングル。 2006年10月25日にデフスターレコーズから発売された。 本作発売以前にインディーズレーベルから「桜の花びらたち」・「スカート、ひらり」の2作品を発売していたが、本作でAKB48はメジャーデビューを果たした。
会いたかった コード当時は無名だったこともあり最高順位は12位だったが、その後口コミなどで話題となり、60週チャートインするロングセラー作品となった。 会いたかった (作詞:秋元康、作曲:BOUNCEBACK、編曲:田口智則 ・稲留春雄) チームA 2nd Stage「会いたかった」での楽曲。 「ヘビーローテーション」と並び、2012年現在でもAKB48を代表する一曲として知られている。『第58回NHK紅白歌合戦』で歌われたほか、バラエティ番組などでAKB48が取り上げられる際にはこの楽曲が使用されることが多い。また高校野球でも応援歌としてたびたび使用される。
ギンガムチェック「ギンガムチェック」(Gingham check)は、AKB48の27枚目のシングル。2012年8月29日にキングレコードから発売された。 キャッチコピーは「いい曲だなあ… AKBっぽいね」。 本シングルのリリースに先駆けて『AKB48 27thシングル選抜総選挙』が行われており、表題曲「ギンガムチェック」はこの総選挙で上位16位までに入ったメンバーにより歌唱されている。センターは同総選挙で1位となった大島優子で、表題曲のセンターポジションは「ヘビーローテーション」以来2年ぶり2回目となる。
ギンガムチェック コード発売前日(集計初日)の2012年8月28日付オリコンデイリーシングルチャートで推定売上枚数約90.7万枚を記録し、初登場1位を記録した。翌8月29日付同チャートでは約10.7万枚を記録し、集計2日目で推定売上枚数の合計が100万枚を超えた。 その後、2012年9月10日付オリコン週間シングルチャートで初登場1位を記録した。AKB48のシングルの1位獲得は「RIVER」から14作連続・通算14作目である。初動売上は約118.2万枚なった。
Everyday、カチューシャ「Everyday、カチューシャ」(エブリデイ、カチューシャ)は、AKB48の21枚目のシングル。2011年5月25日にキングレコードから発売された。 キャッチコピーは「女の子たちが集まると、とっておきの夏が来る」。 Type-A、Type-B(初回限定生産盤も同様)、劇場盤(キャラアニにて限定発売)の3形態がリリースされ、各形態の3曲目に収録される曲は異なる。
Everyday、カチューシャ コード初回出荷枚数は145万枚で、自身のシングルの初回出荷枚数の最高記録を更新した。キングレコードによるとその後、2011年5月27日に出荷枚数は165万枚を超えた。 発売前日の2011年5月24日付オリコンデイリーシングルチャートで推定売上枚数約94.2万枚を記録。前作「桜の木になろう」の記録を抜き、デイリーシングルチャートでの推定売上枚数公開以降の最高枚数を更新した。
桜の花びらたち「桜の花びらたち」(さくらのはなびらたち)は、AKB48のインディーズ1枚目のシングル。2006年2月1日にAKSから発売された。 本項では、リメイク版「桜の花びらたち2008」についても併せてここで扱う。 インディーズレーベルから発売されたAKB48のデビューシングル。自身初の週間TOP10入りを記録した。
桜の花びらたち コード2012年8月15日に発売されたアルバム『1830m』には、「桜の花びら〜前田敦子 solo ver.〜 」と改題された、当時同メンバーの前田敦子のソロバージョンが収録されている。 桜の花びらたち [5:20] (作詞:秋元康、作曲:上杉洋史、編曲:樫原伸彦) TBS深夜テレビドラマ『ですよねぇ。』主題歌 NTTDoCoMo「テレビ電話」 CMソング
GIVE ME FIVE!GIVE ME FIVE!」(ギブ ミー ファイブ!)は、AKB48の25枚目のシングル。2012年2月15日にキングレコードから発売された。 アルバム『1830m』からの先行シングル。 キャッチコピーは「一生分、泣いたら、ハイタッチしよう!」。英語の表題曲「GIVE ME FIVE!」とは、「ハイタッチ」を意味する成句である。
GIVE ME FIVE! コード「GIVE ME FIVE!」の初披露は、2012年1月22日に開催されたライブイベント『リクエストアワー セットリストベスト100 2012』(開催4日目・最終日にあたる)のアンコールにて、同曲の選抜メンバー18人が音楽バンド「Baby Blossom」(後述)として自ら演奏する形でなされた。このライブイベントでは連日「アンコールサプライズ」として何らかの企画が実施されており、バンド形式での楽曲披露もそのひとつであった。メンバーがバンドの結成について知らされたのは2011年8月28日であり、楽曲披露に向けて約5か月間にわたる「極秘練習」が行われた。なお、AKB48のシングル曲がバンド形式で演奏されるのは本楽曲が初めてである。楽曲の披露とともに公開されたシングルのジャケット写真には、メンバーがそれぞれ担当する楽器とともに写っている。
君のことが好きだから君のことが好きだから[4:09] - アンダーガールズ (作詞:秋元康、作曲:織田哲郎、編曲:野中"まさ"雄一) 2010年1月に行われた『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2010 with アメーバピグ』では「RIVER」(5位)を上回る2位を記録した。
君のことが好きだから コードCD 1.RIVER 2.君のことが好きだから - アンダーガールズ 3.ひこうき雲(シアターガールズ ver.) - シアターガールズ 4.RIVER (off vocal ver.) 5.君のことが好きだから (off vocal ver.)
大声ダイヤモンド「大声ダイヤモンド」(おおごえダイヤモンド)は、AKB48の10作目のシングルで、キングレコード移籍第1弾になる。2008年10月22日に通常盤がYou, Be Cool!、劇場盤がNEW KING RECORDSから発売された。 キャッチコピーは「大声で叫べば、ダイヤモンドになる」。 「桜の花びらたち2008」の販売方法をめぐる独占禁止法違反問題によりデフスターレコーズと契約が切れた後、配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」のリリースを経て、キングレコード(You, Be Cool!レーベル)への移籍後初のリリースとなるシングルCD。
大声ダイヤモンド コードオリコンウィークリーシングルチャート最高位が3位となり、「BINGO!」「僕の太陽」「ロマンス、イラネ」での6位の記録を更新し、初めてTOP5入りを果たした。 表題曲は2008年9月15日に放送されたbayfmの特別番組『Holiday Special bayfm meets AKB48 3rd Stage〜REAL〜』で解禁されたが、同年9月9日未明に編曲前の曲がインターネット上に流出した。AKS側は法的な処置を執る方針を公式ブログで表明した。 また、流出後に決定したコンサートタイトル「AKB48 まさか、このコンサートの音源は流出しないよね?」に引用された。
恋するフォーチュンクッキー「恋するフォーチュンクッキー」(こいするフォーチュンクッキー)は、AKB48の32枚目のシングル。2013年8月21日にキングレコードから発売された。 JKT48においても、同日に表題曲の歌詞のほとんどをインドネシア語に翻訳したシングル「Fortune Cookie in Love」 がリリースされた(後述)。 キャッチコピーは「“恋チュン”踊れば、嫌なことも忘れられる」。 表題曲「恋するフォーチュンクッキー」は、2013年5月21日から同年6月7日まで投票が実施され、同年6月8日に開票結果が発表された『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』の1位から16位までのメンバーによって歌唱される。また、17位から64位に選ばれたメンバーもカップリングとして収録される曲にそれぞれアンダーガールズ、ネクストガールズ、フューチャーガールズとして参加する。
恋するフォーチュンクッキー コード表題曲「恋するフォーチュンクッキー」のミュージック・ビデオは、2013年6月22日にファンから参加者を募った3,800人のエキストラとともに福岡市のHKT48劇場、および福岡 ヤフオク!ドーム周辺の道路を封鎖しロケーション撮影を実施、その後、福岡女学院大学に移動し、同大学の体育館で学生エキストラ500人弱とともにロケーション撮影を実施した。「日本中からいろんな人々をパレードの参加者として募って、踊りながら行進するという壮大なプロット」に沿って撮影が行われ、パパイヤ鈴木が振り付けを担当した。その他、同市内の東福岡高等学校や柳橋連合市場、関東地方でも、東京都内の品川エトワール女子高等学校ほか数箇所や、埼玉県蕨市のレッスル武闘館などで撮影が実施された。また、元プロレスラーの小橋建太が、プロレスラーの崔領二、ケニー・オメガらと出演しているほか、センターポジションを務めるHKT48・指原莉乃の出身地である大分県からは、Jリーグクラブ・大分トリニータのマスコット、ニータンをはじめ、リズみん(おおいた夢色音楽祭のキャラクター)やたかもん(高崎山のPRキャラクター)など、大分県各地のマスコットも撮影に参加した。
フライングゲット「フライングゲット」は日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、すみだしんやにより作曲されている。2011年8月24日にAKB48のメジャー22作目のシングルとしてキングレコードから発売された。 楽曲はリリースに先駆けて行われた「AKB48 22ndシングル選抜総選挙」で上位21位までに入ったメンバーにより歌唱されている。シングルのジャケットはイラスト風に加工した写真が使用され、写真には楽曲タイトルを和製漢語的に直訳した「飛翔入手」の文字を配している。 音楽性的に、「フライングゲット」はラテン音楽並びにロックの要素を持つポップソングであり、ホーンの音色がフィーチャーされている。歌詞は、曲名となった言葉「フライングゲット」を恋愛感情に当てはめた内容となっている。楽曲は音楽評論家から肯定的評価を得ている。評論家の一人は楽曲を「アイドルミュージックの新境地を開拓したナンバー」と評した。また、「フライングゲット」は第53回日本レコード大賞において大賞を受賞している。
フライングゲット コードAKB48の22枚目のシングルに関する告知は、2011年3月29日にキングレコードから「AKB48 22ndシングル選抜総選挙」の開催告知という形で行われた。キングレコードによると、当初は同年3月25日から27日に予定されていた横浜アリーナコンサートで総選挙の開催を発表する予定であったが、東日本大震災の発生によりコンサートが中止になったため、告知をインターネット上で行った。この総選挙は、本シングルの収録楽曲を歌うメンバーをファンからの投票によって選抜するイベントであり、2011年6月9日、開票イベントにおける投票結果の確定により選抜メンバーが決定した。楽曲のセンターポジションは、このイベントで最も多くの票数を獲得した前田敦子が務めている。
前しか向かねえ「前しか向かねえ」(まえしかむかねえ)は日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、古城康行により作曲されている。2014年2月26日にAKB48のメジャー35作目のシングルとしてキングレコードから発売された。楽曲のセンターポジションは大島優子で、この曲を持ってAKB48を卒業前(2014年6月)最後の主題楽曲参加となった。前作「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」から約2ヶ月ぶりで、2014年1枚目のシングル。Type Aの初回限定盤と通常盤、Type Bの初回限定盤と通常盤、Type Cの初回限定盤と通常盤、劇場盤の7形態でのリリース。
前しか向かねえ コードカップリングは5曲で、AKB48メンバーとAKB48の姉妹グループメンバーと混合したユニット「Smiling Lions」「Beauty Giraffes」「Baby Elephants」「Talking Chimpanzees」が結成された。このうち「Smiling Lions」のメンバーである白間美瑠(NMB48)、「Baby Elephants」のメンバーである近藤里奈・太田夢莉(以上NMB48)、穴井千尋・本村碧唯(以上HKT48)、「Talking Chimpanzees」のメンバーである中西智代梨(HKT48)はAKB48グループメンバー全員参加の作品[注 3]を除いて初の参加。また、「Baby Elephants」のメンバーである東李苑(SKE48)、秋吉優花(HKT48)はAKB48の楽曲初参加となる。 今作では、平田梨奈を除くAKB48のメンバー全員がいずれかの楽曲に参加している。
ハート・エレキ「ハート・エレキ」は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、丸谷マナブにより作曲されている。2013年10月30日にAKB48のメジャー33作目のシングルとしてキングレコードから発売された。楽曲のセンターポジションは小嶋陽菜。楽曲のシングル盤は「TypeA」の初回限定盤と通常盤、「TypeK」の初回限定盤と通常盤、「TypeB」の初回限定盤と通常盤、「Type4」の初回限定盤と通常盤、「劇場盤」の9形態によって発売されている。特典として、TypeA、K、B、4の8種にはバンドニックネームステッカー(全16種、ランダムで1枚封入)が封入されている。これに加え、各Typeそれぞれの初回限定盤には全国握手会イベント参加券1種(ランダム)、それぞれの通常盤には生写真1種(ランダム)が封入されている。
ハート・エレキ コードCDとDVDともにレーベル面がGS風な楽曲に合わせ、レコード風になっており、溝のような凹凸のデザインが施されている。デザインを担当したのはスピッツ、椎名林檎、坂本真綾などのアーティストのアートディレクションを手掛ける木村豊によるものである。 「ハート・エレキ」のミュージック・ビデオは、金子修介により撮影され、選抜メンバーが1960年代のグループサウンズをイメージしたバンド「The G.FINGERS」のメンバーという設定で、GS伝説の男・ジミー役で井上順、リポーター役で伊藤さとりも出演している。撮影は2013年9月に東京都調布市のスタジオや千葉県木更津市で2日間にわたって行われ、同年10月5日に京セラドーム大阪において開催された『32ndシングル「恋するフォーチュンクッキー」全国握手会』イベント冒頭で初公開された。
スポンサーリンク




 

JASRAC/JRC許諾


許諾番号:9012080001Y38026
/9012080002Y31015


許諾番号:X000381B01L
/X000381B02L



アーティスト名の頭文字で検索して下さい。


ベース  アニソン   洋楽   邦楽  クラシック  artist  楽譜   コード