G-Tab.Net
アーティスト名/楽曲名の一部を入力すると検索できます。









アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi, 1678年3月4日 - 1741年7月28日)はヴェネツィア出身のカトリック司祭、バロック末期の作曲家。作品は普通、RV番号で整理される。 イタリアのヴェネツィアに生まれ、オーストリアのウィーンで没した。サン・マルコ大聖堂付きオーケストラの一員であった、理髪師でヴァイオリニストの父親からヴァイオリンを学ぶ。10歳より教会付属の学校に入り、25歳で司祭に叙階される。赤毛であったことから「赤毛の司祭」と呼ばれるようになった。


スポンサーリンク



楽曲情報について、wikipedia(http://ja.wikipedia.org/)より引用しています。
楽曲名楽曲情報
四季「春」第1楽章協奏曲第1番 ホ長調、RV.269「春」(La Primavera) アレグロ ( Vivaldi Spring mvt 1 Allegro(ヘルプ・ファイル)) 春がやってきた、小鳥は喜び囀りながら戻って来て祝っている、水の流れと風に吹かれて雷が響く。
四季 夏奏曲第2番 ト短調、RV.315「夏」(L'Estate) アレグロ・ノン・モルト?アレグロ ( Vivaldi Summer mvt 1 Allegro non molto(ヘルプ・ファイル)) かんかんと照りつける太陽の絶え間ない暑さで人と家畜の群れはぐったりしている。松の木は枯れた。カッコウの声が聞こえる。そしてキジバトとスズメの囀りが聞える。柔らかい風が空でかき回される。しかし、荒れた北風がそれらを突然脇へ追い払う。乱暴な嵐とつんのめるかも知れない怖さで慄く。原譜には「暑さで疲れたように弾く」と指示がある。ヴァイオリンの一瞬一瞬の“間”に続いての絶え間ない音の連続が荒れる嵐を表現している。 アレグロ・プレスト・アダージョ ( Vivaldi Summer mvt 2 Adagio(ヘルプ・ファイル)) 彼の手足は稲妻と雷鳴の轟きで目を覚まし、ブヨやハエが周りにすさまじくブンブン音を立てる。それは甲高い音でソロヴァイオリンによって奏でられる。
四季 秋協奏曲第3番 ヘ長調、RV.293「秋」(L'Autunno) アレグロ(小作農のダンスと歌) ( Vivaldi Autumn mvt 1 Allegro(ヘルプ・ファイル)) 小作農たちが収穫が無事に終わり大騒ぎ。ブドウ酒が惜しげなく注がれる。彼らは、ほっとして眠りに落ちる。 アダージョ・モルト(よっぱらいの居眠り) ( Vivaldi Autumn mvt 2 Adagio molto(ヘルプ・ファイル))
四季 冬協奏曲第4番 ヘ短調、RV.297「冬」(L'Inverno) アレグロ・ノン・モルト ( Vivaldi Winter mvt 1 Allegro non molto(ヘルプ・ファイル))
四季 冬 コードラルゴ ( Vivaldi Winter mvt 2 Largo(ヘルプ・ファイル)) 外は大雨が降っている、中で暖炉で満足そうに休息。ゆっくりしたテンポで平和な時間が流れる。 アレグロ ( Vivaldi Winter mvt 3 Allegro(ヘルプ・ファイル)) 私たちは、ゆっくりとそして用心深くつまづいて
スポンサーリンク




 

JASRAC/JRC許諾


許諾番号:9012080001Y38026
/9012080002Y31015


許諾番号:X000381B01L
/X000381B02L



アーティスト名の頭文字で検索して下さい。


ベース  アニソン   洋楽   邦楽  クラシック  artist  楽譜   コード