G-Tab.Net
アーティスト名/楽曲名の一部を入力すると検索できます。










BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)は、日本のロックバンド。トイズファクトリー所属。略称は「バンプ」などが用いられる(雑誌などでは頭文字を取って「BOC」と表記されることもある)。


スポンサーリンク



楽曲情報について、wikipedia(http://ja.wikipedia.org/)より引用しています。
楽曲名楽曲情報
アルエ『アルエ』は、日本のバンド、BUMP OF CHICKENが2004年3月31日にリリースした、メジャー6枚目、通算7枚目のシングルである。
ダンデライオン『jupiter』(ジュピター)は、日本のバンド、BUMP OF CHICKENが2002年2月20日にリリースした、メジャー1枚目、通算3枚目のアルバムである。
カルマ『supernova/カルマ』(スーパーノヴァ/カルマ)は、日本のバンド、BUMP OF CHICKENが2005年11月23日にリリースした、メジャー10枚目、通算11枚目の両A面シングルである。
くだらない唄くだらない唄 藤原が東京で一人暮らしをし始めた頃、千葉に電車で帰る間に作った曲。
グロリアスレボリューショングロリアスレボリューション PV集『ビデオポキール』にて前倒し発表された。英語歌詞時代の楽曲で、後に日本語の詞が付けられた。ライブでは本編の最後に演奏されることが多い。
ラフ・メイカー『ダイヤモンド』は、日本のバンド、BUMP OF CHICKENが2000年9月20日にリリースした、メジャー1枚目、通算2枚目のシングルである。
車輪の唄車輪の唄(しゃりんのうた)は、日本のバンド、BUMP OF CHICKENが2004年12月1日にリリースした、メジャー8枚目、通算9枚目のシングルである。
天体観測『天体観測』(てんたいかんそく)は、日本のバンド、BUMP OF CHICKENが2001年3月14日にリリースした、メジャー2枚目、通算3枚目のシングルである。
sailingday『ロストマン/sailing day』(ロストマン/セイリング デイ)は、日本のバンド、BUMP OF CHICKENが2003年3月12日にリリースした、メジャー5枚目、通算6枚目の両A面シングルである。
supernova(楽譜1)『supernova/カルマ』(スーパーノヴァ/カルマ)は、日本のバンド、BUMP OF CHICKENが2005年11月23日にリリースした、メジャー10枚目、通算11枚目の両A面シングルである。
supernova(楽譜2)通算2枚目となる両A面シングル。 「カルマ」はナムコから発売のゲームソフト『テイルズ オブ ジ アビス』の主題歌である。同作品は2008年にテレビアニメ化もされ、そのオープニングテーマ曲にもなった。1ヶ月遅れで、曲順を入れ替えた『テイルズ オブ ジ アビス』仕様のシングルも3ヶ月限定生産で販売された(前作『ロストマン/sailing day』の2バージョンリリースとは違い、発売日がズレており、隠しトラックも変わっている)。現在限定盤は廃盤。オリコンチャートでは合算して集計されている。
ハンマーソングと痛みの塔シングルを除けばアルバムの中で最初、2006年の秋に完成した曲[1]。コード進行やメロディの断片的なアイディアだけが最初にあり、何か書こうと思って書いていたら完成した、と藤原は述べている。
ハンマーソングと痛みの塔 コード増川はこの曲をメンバーで聴いている時、携帯電話の電波圏外の場所にいたために連絡が取れず、一緒に聴けなかったと話している[1]。 藤原は、「あの曲は大きな声で歌わないと書けなかったと思いますね」と語っている。
R.I.P.シングルとしては『花の名』『メーデー』以来約2年ぶりのリリースとなる。 両A面シングルとしては、2003年の『ロストマン/sailing day』、2005年の『supernova/カルマ』以来通算3枚目となる。
R.I.P. コード「R.I.P」は“Rest in Peace”の頭文字であり、「安らかに眠れ」という意味がある[1]。前アルバム以降、断続的に楽曲製作は続けられていたが、この曲はその中でも新しく、2009年8月に書き上げられたもの[2]。
メーデータイトルの「メーデー」は、5月1日に行われる労働祭のことではなく、船や飛行機などで使われる救難信号を意味する[1]。曲中には、モールス信号を思わせる電子音が使われている箇所がある。 PVはシングル発売当初は発表されず、アルバム『orbital period』の発売期になって発表された。 2008年度のSPACE SHOWER Music Video Awardsの「BEST YOUR CHOICE」部門において、「花の名」に次ぐ2位を獲得している。
メーデー コードシングルとしては、『涙のふるさと』以来11ヵ月ぶりのリリースとなる。 シングル『花の名』と同時発売。2枚同時購入特典として、BUMP OF CHICKEN特製ネコ(ニコル)バッチが数量限定で用意された。 シングルとしては『車輪の唄』以来メンバーの写真がジャケットに使用された(撮影は山梨県の西湖)。 CDの隠しトラックを含めた合計時間は『花の名』と同じであり、発売時のメンバーの年齢(27、28)を示しているようである。
ナイフナイフ 間奏部分にわざと藤原の咳が録音されている(デモテープの「ナイフ」には、本当の咳が録音されている)。
ナイフ コード歌詞カードには、「CHICKEN'S MOVIE FILM」として自分の居場所をさがす猫(ニコル)の話が随所に書かれている。
スノースマイル『スノースマイル』は、日本のバンド、BUMP OF CHICKENが2002年12月18日にリリースした、メジャー4枚目、通算5枚目のシングルである。
スノースマイル コード当初オリコンチャート登場週数が19回だったが、2005年に『supernova/カルマ』発売に伴って再浮上し、3年越しの20週到達となった。
ギルド『人形劇ギルド』(にんぎょうげきぎるど)は、日本のロックバンドであるBUMP OF CHICKENの楽曲「ギルド」をモチーフに製作された無声映像「人形劇」作品である。
ギルド コード『ユグドラシル』を出した後に、「アルバムを宣伝する意味でもシングル以外の曲でPVを作ろう」という話がスタッフから出たのが話の発端。そのときの候補の2曲のうち1曲がギルドであった(もう1曲は「同じドアをくぐれたら」であった。)。藤原が「ギルドは曲を作っていたときから人形がストップモーションで動く映像のイメージがあった」と話したことが元になりギルドのPVを製作する企画がスタートしたが、話はそこから大幅に発展し、構想に2年、製作には1年が費やされる映像作品として完成した。
才悩人応援歌『orbital period』(オービタル・ピリオド)は、日本のロックバンド、BUMP OF CHICKENが2007年12月19日にリリースした、メジャー3枚目、通算5枚目のアルバムである。
才悩人応援歌 コードプリプロの前日に曲について考えていたがまとまらず、そのまま徹夜でプリプロに行くという事態になり、バンド練習の時間がなかったためにその場の勢いでギターを弾いて歌った、
Stage of the groundStage of the ground メンバーの友人に子供が生まれ、記念に作った曲。歌詞にその子の名前の漢字が散りばめられており
Stage of the ground コードタイトルの由来は、アルバム名を何にするかと訊かれた時に、たまたま藤原が木星のことを考えていたため。
ハイブリッドレインボウ(BUMP OF CHICKEN)「ハイブリッドレインボウ」のライブ映像と、「Funny Bunny」のビデオクリップを収録している。
オンリー ロンリー グローリー『オンリー ロンリー グローリー』は、日本のバンド、BUMP OF CHICKENが2004年7月7日にリリースした、メジャー7枚目、通算8枚目のシングルである。
オンリー ロンリー グローリー コードジャケットの写真は、直井がグアムまで行って撮ったもの。 初回版にはユグチャリ(オリジナル自転車)連動抽選応募ハガキ同梱。
ガラスのブルースFLAME VEIN  収録曲 ガラスのブルース 藤原が初めて日本語で書いた曲。いくつかの大会にこの曲で優勝。
ガラスのブルース コード掲載されている歌詞と、一部異なる部分がある。 14thシングル『メーデー』にカップリングとしてアコースティックバージョンの『28 years round』が収録された。
スポンサーリンク




 

JASRAC/JRC許諾


許諾番号:9012080001Y38026
/9012080002Y31015


許諾番号:X000381B01L
/X000381B02L



アーティスト名の頭文字で検索して下さい。


ギター購入  ベース  アニソン   洋楽   邦楽  クラシック  artist  楽譜   コード  MIDI