G-Tab.Net
アーティスト名/楽曲名の一部を入力すると検索できます。









ユニット名である「ビーズ」は、世間的には抑揚をつけない平板な読み方(例えば「リール」「レール」に近い読み方)が主流であるが、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系列)でメンバーが語ったところによると、正しい読み方は先頭にアクセントを置いた「ビィズ」であるとされる(例えば「プール」「シール」に近いアクセント)。また『NHKスペシャル』(NHK)においてB'zを特集した際、NHKは先頭にアクセントを置いた読み方を採用している。これについてNHK側は「ご本人たちもファンも関係者もみんな(「ビ」にアクセントを置いて)『ビィズ』とよんでいます」と回答した。


スポンサーリンク



楽曲情報について、wikipedia(http://ja.wikipedia.org/)より引用しています。
楽曲名楽曲情報
ギリギリchop『ギリギリchop』(ギリギリチョップ)は、日本の音楽ユニット・B'zの26作目のシングル。
STAY GREENSTAY GREEN 〜未熟な旅はとまらない〜 (3:09)
Calling『Calling』(コーリング)は、日本の音楽ユニット・B'zの22作目のシングル。
裸足の女神『裸足の女神』(はだしのめがみ)は、日本の音楽ユニット・B'zの13作目のシングル。
IT'S SHOWTIME!!『IT'S SHOWTIME!!』(イッツ・ショウタイム!!)は、日本の音楽ユニット・B'zの34作目のシングル。 TV ASAHI NETWORK SPORTS 2003テーマソング
IT'S SHOWTIME!! コードIT'S SHOWTIME!! 松本はマイナー・キーで自分がよく使うコードだけで作りたかったらしい。また、自身の迫力あるライブを彷彿とさせる詞になっており、ライブでも定番曲となっている。アルバム『BIG MACHINE』では別バージョンとして収録されている。
おでかけしましょおでかけしましょ (3:27) ミュージックステーションで「Don't Leave Me」と共に披露された。長い間ライブでは演奏されなかったが、2007年の「SHOWCASE」ツアーではアンコールラストナンバーとして登場した。 『B'z The Best "ULTRA Pleasure"』『B'z The Best "ULTRA Treasure"』のDVDには、どちらのにも収録されファンからも人気が高い曲である。
野性のENERGY野性のENERGY(やせいのエナジー)は、日本の音楽ユニット・B'zの35作目のシングル。前作『IT'S SHOWTIME!!』に続き、15周年時に発売された作品。
愛のPRISONERI hate you, hate you こらえきれずに  夜の闇に吠える 涙流さない
アラクレ「真っ赤な心臓は理性を超えて鳴るよ」という歌詞が稲葉の一番言いたかったことで「“荒くれ”という言葉を掴んでイメージが広がっていった」らしい。アルバムの曲の中でもはじめのほうにレコーディングされた曲。ギターソロは松本のお気に入りでもある。
ALONE『ALONE』(アローン)は、日本の音楽ユニット・B'zの9作目のシングル。 アルバム『IN THE LIFE』からの先行シングル。 前作「LADY NAVIGATION」に続き、2週連続1位、オリコンの集計ではミリオンセラー。この年、B'zはCDセールスナンバーワンアーティストになった。
今夜月の見える丘に『今夜月の見える丘に』(こんやつきのみえるおかに)は、日本の音楽ユニット・B'zの27作目のシングル。 木村拓哉、常盤貴子主演のTBS系東芝日曜劇場『ビューティフルライフ』の主題歌。このドラマが驚異的な視聴率を誇ったこともあり、1997年の
今夜月の見える丘に コードこのシングルから、12cmCDで発売されるようになった。 当初は1月26日発売予定で、TVスポットも当初1月26日発売とテロップが制作され、実際に「COUNT DOWN TV」などで放送されていたが、
Brotherhood『Brotherhood』(ブラザーフッド)は、日本の音楽ユニット・B'zが1999年7月14日にRooms RECORDSからリリースした10作目のオリジナルアルバム、およびそのアルバムの3曲目に収録されている楽曲のタイトルである。アルバム未収録シングル曲は「HOME」。
眩しいサイン実は前作『GREEN』が発売される前の2002年6月頃からすでにデモテープを用意していた。稲葉曰く「『GREEN』の発展形かつ、変わる前って感じ」だとか。アルバムタイトルの「BIG MACHINE」とは15周年をむかえ、(自分たちが大物、という意味合いではなく)ファンやスタッフと共に大きくなっていったB'z=BIG MACHINEを意味している。
眩しいサイン コード眩しいサイン (4:05) 製作当初から松本も稲葉も「昔のB'zっぽい」と自覚しており、意図的に昔のB'zを彷彿させるアレンジが施されている
BIG MACHINEBIG MACHINE (3:34) このアルバム表題曲。曲名は自分達が「ビッグ(大物)」という意味ではなく、「大きな車輪」を自分達でひたすら転がして突き進むという意味であり、「RUN」(曲名)同様、B'zのことを歌っている。B'zでは珍しく7弦ギターが使用されている。
ブルージーな朝ブルージーな朝 (3:57) 女性からの視点で詞が描かれている。
ブルージーな朝 コード前作: GREEN B'zのオリジナルアルバム 次作: THE CIRCLE オリコン週間アルバムチャート第1位 2003年9月29日付 前作:
愛のバクダンアルバム『THE CIRCLE』からの先行シングル。タイトルに“愛”が付いたシングル曲は、「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」(1993年3月17日発売)以来12年ぶりであった。
long time no seelong time no see (3:11) アルバム発売後に、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「サラリーマン金太郎2」主題歌に決定した。
イチブトゼンブ『イチブトゼンブ/DIVE』(イチブトゼンブ/ダイブ)は、日本の音楽ユニット・B'zの46作目のシングル。2009年8月5日発売。B'zのシングルとしては、19th「ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜/MOVE」以来2作目となる両A面シングル。
CHANGE THE FUTURE コードThe light of the TV turned on in the room The state of the reflected world It was realized the existence was small The person crying on TV, and a laughing person are we in which side now? Are we in which side now? ※I think that you may give up myself I think that you may give up myself It says good-bye to my future figure I think that you may give up I think that you may give up myself Even if God deserts me, it doesn't care Even if the way which it proceeds through is the thorny road In hope of the possibility of the infinity, take-off! When you put up breathing, I was watching mechanical light alone It was realized the existence was small No thing which we were hoping for came No thing which we were hoping for came ※Repeat The town where you live in the TV begins to be reflected It wanted to touch your warmth, and tried to stretch a hand But・・・ What is it? As for happiness Do you do your best a little? Are you a little satisfied?
CHANGE THE FUTURECHANGE THE FUTURE (3:56) 収録曲では唯一L.Aで制作されたもの。歌詞は環境問題がテーマとなっており、稲葉がとある本にあった、「今の世界は未来の人々から借りているもの」という表現に共感し、そこからイメージし書いたという。元々はアルバムの最後に収録される予定だった。
drive to MY WORLDドライヴしよう知らない世界へ 道路地図なんかは見ないで 家へと曲がる角を反対に曲がったらいいよ(Oh, what you can do, oh) 夕暮れのセブンイレブンから 神社をすぎ深い森まで 気持ちの続く限り oh,さみしくない 道も続く 止まらないで どうぞこのまま キミにもちょっかい出させないよ MY WORLD 悲しいだけの毎日を じっとこらえる自分にバイバイ
farewell songfarewell song (6:22) ブラスセクションが穏やかにイントロを奏で始まるバラード。全体的に、コーラスや、ホーン、ストリングスが大々的に取り入れられている。エンディングはザ・ビートルズの名曲「Hey Jude」を意識したものになっている。
F・E・A・RF・E・A・R (3:45) 激しいギターリフから始まるハードロックナンバー。なお、曲名の「F・E・A・R」は普通に「フィアー」と読む。
銀の翼で翔べ銀の翼で翔べ (3:55) ブラスを使ったハードロックナンバー。稲葉がブルースハープを演奏している。後に松本がライブで演奏するのに苦労したと語っている。
いつかのメリークリスマスB'zのミニアルバム『FRIENDS』(1992年12月9日発売)の2曲目に収録されているものが最初の音源である。シングル曲ではなかったが、クリスマスソングの定番となり、B'zの中でも人気のある楽曲のひとつである。B'zのベストアルバムには高い頻度で収録されており、それに伴い多くのバージョンが製作されている。
ヒミツなふたり『おねがい☆ティーチャー』はテレビアニメ、およびそれを原作とする漫画、小説である。 テレビアニメは2002年1月10日から3月28日にかけて、WOWOWのノンスクランブル帯にて放送された。略称は「おねてぃ」。
ヒミツなふたり コード放送終了後に『月刊コミック電撃大王』で漫画化され、『電撃文庫』からは小説化されている。なお、アニメと漫画、小説とでは設定とストーリーが一部異なっている。
儚いダイヤモンド儚いダイヤモンド (3:28) 編曲は豊田みのるのアイデアを生かし徳永らとアレンジしたものらしい。この曲のメイキングがDVD「The Days of Pleasure」に収録されている。
イカせておくれ!  コードイカ天 イカを入れた揚げかまぼこ。刻んだイカを魚肉のすり身に加えて揚げたものや、イカの下足をすり身で包んで揚げたものなど。日本全国で用いられる名称だが、特に西日本や北海道など、薩摩揚げを「天ぷら」と呼ぶ地域ではこちらを指すことが多い。
FRICTION全英詞のハードロックナンバー。テレビゲーム「バーンアウト ドミネーター」のために書き下ろされた楽曲。それに伴い4月には海外のiTunes StoreでこのCDの発売前から既に公開されていた。
イカせておくれ! イカ(烏賊)は、軟体動物門 頭足綱 十腕形上目に分類される動物の総称。
愛と憎しみのハジマリ当時開戦したイラク戦争を知った稲葉が感じたことを歌詞にしており、稲葉曰く「『愛だと思ってやっていることが、逆の立場から見れば愛じゃなかった』ということを書きたかった」とのこと。なお、松本はこの曲のギターソロも気に入っている。
赤い河約1分40秒にも及ぶ長いストリングスのイントロから始まるバラード。「赤い河」のモチーフは、グランドキャニオンのコロラド川から。
FIREBALL『FIREBALL』(ファイヤーボール)は、日本の音楽ユニット・B'zの21作目のシングル。 シングルとしては初めてキーボードやシンセサイザーを一切使用しないで作られた曲である。
guiltyB'z の シングル RING のB面 ミクスチャー・ロック的アプローチがなされているロックチューン。
Liar! Liar!『Liar! Liar!』(ライアー! ライアー!)は、日本の音楽ユニット・B'zの23作目のシングル。 9thアルバム『SURVIVE』からの先行シングル。 発売当初はノンタイアップであり、リリースからしばらくしてからタイアップがついた。
ultra soul『ultra soul』(ウルトラ・ソウル)は、日本の音楽ユニット・B'zの31作目のシングル。 収録曲それぞれの曲間がほとんど存在せず、全曲が1つの作品としてまとめられている。 このシングルから3rd beatが収録されるようになった。 B'zが21世紀に発売したシングルの中では初動・累計共に最高の売上を記録しており、17thシングル「love me, I love you」以来、約6年ぶりにオリコンチャート2週連続1位を獲得した。
ultra soul コードB'zのライブでは多く演奏されている楽曲で、リリース以降ほぼ毎回歌われる定番曲である(2006年のプレミアムライブと「B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"」を除く)。2002年以降からライブで演奏される際はエンディングのアレンジが変更されており、ラストの「ウルトラソウル!ハイ!」を3回、又は4回繰り返し、その際に観客を含めて一緒にジャンプすることが定番となっている。
HOME『HOME』(ホーム)は、日本の音楽ユニット・B'zの25作目のシングル。 1998年7月20日のオリコンチャートで本作は初登場1位となったが、2位であった「HONEY」(L'Arc〜en〜Ciel)とは約1万5000枚と僅差であった。
HOME コード正式には「HOME」の単独A面であるが、発売当初オリコンでは「両A面」と間違った扱いをされていた。しかし、実際にジャケットの両A面シングル的なデザイン、両曲ともPVが製作されていること、今作のプロモーションで出演した音楽番組では常に1st beatと2nd beatの2曲とも披露していたため、限りなく両A面に近いものになっている(松本もかつてインタビューで両A面と発言したこともあった)
Fever松本曰く「初期のKISSをイメージした」とのこと。カップリング曲(2nd beat)としては久しぶりにオリジナルアルバム『THE CIRCLE』にも収録された。
Fever コード本来B'zは、初期の3つのシングルを除いて、2nd beatはアルバムには収録しない、というスタンスだったが、このアルバムTHE CIRCLEで初めてそれが崩れた。
パーフェクトライフパーフェクトライフ (3:38) 稲葉によると、「目指して頑張っている過程。それこそがパーフェクト」。サビの「Go on」という部分は仮歌の時からあったが、わかりやすいという事でそのままになっている。ナックの「マイ・シャローナ」のリフがマニュアルの一つになったかもしれない、と松本は語っている。
スポンサーリンク




 

JASRAC/JRC許諾


許諾番号:9012080001Y38026
/9012080002Y31015


許諾番号:X000381B01L
/X000381B02L



アーティスト名の頭文字で検索して下さい。


ベース  アニソン   洋楽   邦楽  クラシック  artist  楽譜   コード