G-Tab.Net
アーティスト名/楽曲名の一部を入力すると検索できます。










ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685年3月21日(ユリウス暦) - 1750年7月28日)は、18世紀に活動したドイツの作曲家である。音楽史上における存在の大きさから、「音楽の父」と称されることもある。ベートーヴェン、ブラームスとともに“ドイツ三大B”と呼ばれる。 バッハ一族は音楽家の家系で、その他のバッハとの混乱を避けるためにJ.S.バッハと略記することがある。また、バッハ家でもっとも偉大であるという意味で大バッハという呼び名も古くから使われる。


スポンサーリンク



楽曲情報について、wikipedia(http://ja.wikipedia.org/)より引用しています。
楽曲名楽曲情報
G線上のアリア「G線上のアリア」(ジーせんじょうのアリア)は、ヨハン・セバスチャン・バッハの《管弦楽組曲第3番》のうちでも、とりわけ名高い「アリア」楽章に付けられた愛称。通常はゆったりと伸びやかに演奏されるが、古楽器アンサンブルの場合には、必ずしもゆっくり演奏するとは限らない。
トッカータとフーガ ニ短調数多いJ.S.バッハ(以下バッハ)のオルガン曲のなかでも特に人気の高い作品のひとつであり、ピアノで演奏されることも多く、レオポルド・ストコフスキー編曲の管弦楽版もある(ストコフスキーが指揮した映画「ファンタジア」でも演奏されている)。とりわけ開始部はあまりにも有名であり、喜劇などにもパロディ的に用いられることがある。(突然訪れた悲劇を面白おかしく強調する様な場合に用いられる。
アヴェ・マリアアヴェ・マリア (Ave Maria) は、ラテン語で直訳すると「こんにちは、マリア」または「おめでとう、マリア」を意味する言葉。転じて、この一文にはじまるキリスト教(特にローマ・カトリック)の聖母マリアへの祈祷を指す。この祈りは教会によって伝えられるが、典礼行為ではなく、私的な信心業として伝わるものである。
小フーガト短調《フーガ ト短調 BWV 578》は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハのオルガン曲。一説には、アルンシュタット時代(1703年?1707年)の作品であるとされるが、後述のようにイタリア盛期バロック音楽の影響も見られることや、フーガ主題のバランスのよさから、ヴァイマル時代(1708年?1717年)以降の成立とする説もある。
スポンサーリンク




 

JASRAC/JRC許諾


許諾番号:9012080001Y38026
/9012080002Y31015


許諾番号:X000381B01L
/X000381B02L



アーティスト名の頭文字で検索して下さい。


ギター購入  ベース  アニソン   洋楽   邦楽  クラシック  artist  楽譜   コード  MIDI