G-Tab.Net
アーティスト名/楽曲名の一部を入力すると検索できます。









Mr.Children(ミスターチルドレン)は、日本のロックバンド[1]。略称は「ミスチル」。音楽プロデューサーは小林武史。所属事務所は烏龍舎、所属レコード会社はトイズファクトリー。公式ファンクラブは「Father & Mother」である。


スポンサーリンク



楽曲情報について、wikipedia(http://ja.wikipedia.org/)より引用しています。
楽曲名楽曲情報
innocent world(イノセントワールド)「innocent world」(イノセント ワールド)は、Mr.Childrenの5枚目のシングル。1994年6月1日にトイズファクトリーより発売。
シーソーゲーム(band-score1)プロモーションでは桜井がサーファーになり、他メンバーは猿になるという、ユニークな格好であった。フジテレビ系「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングに、バンドとして初出演した際も、同じ格好で登場した。 オリコン記録でのノンタイアップシングルCD売上では歴代1位である。
シーソーゲーム(band-score2)「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」(- ゆうかんなこいのうた)は、Mr.Childrenの9枚目のシングル。1995年8月10日にトイズファクトリーより発売。
しるし「しるし」は、Mr.Childrenの29枚目のシングル。2006年11月15日にトイズファクトリーより発売。
しるし コードオリコンチャートで初登場1位を獲得し、「innocent world」から25作連続となり、松田聖子の24作連続記録を上回り、B'z(38作連続)に次ぐ歴代2位となった。 前作までとは異なり、本作はテレビ番組への出演が非常に多かった(下記参照)。特にテレビ朝日系『ミュージックステーション』に関してはスーパーライブも含めると3度も出演した。
CROSS ROAD(クロス ロード)「CROSS ROAD」(クロス ロード)は、Mr.Childrenの4枚目のシングル。1993年11月10日にトイズファクトリーより発売。
CROSS ROAD(クロス ロード) コードオリコンチャートで初登場9位を獲得し、当時のMr.Childrenのシングル初登場最高順位を更新。1993年の末から1994年前半にかけて『ミュージックステーション』や『ポップジャム』に初出演を果たし、ドラマのタイアップ効果などもあり、1994年1月24日付で最高位となる6位を記録。その後も20位台を推移し続け、最終的なチャート登場週数はMr.Childrenのシングルでは最長の50週となった。
雨のち晴れ雨のち晴れ Remix Version (作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿 & 小林武史 編曲:小林武史 & Mr.Children) 「雨のち晴れ」のテイク違いによるリミックスバージョン。桜井による語りのような間奏部分も入っている。演奏時間は9分36秒とMr.Childrenのスタジオレコーディング曲の中では最長となっている(全ての音源では、ライブアルバム『1/42』に収録の「I'll be」が最長)。このバージョンは映画『【es】 〜Mr.Children in FILM〜」でも確認できるように、ツアー用のライブバージョンとして製作されたものであり、音源になる予定はなかったが、映画内で使用されていることやこのバージョンが好評であったことなどから収録されることとなった。
抱きしめたい『Kind of Love』との同時発売。「抱きしめたい」はアルバムにも収録されたため、本作の週間シングルチャートでの最高位は56位であり、50位以内には入っていない。
抱きしめたい コード抱きしめたい (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 当初、桜井はクリスマスソングとして考えていたため、歌詞の「震えそうな夜に」は「クリスマスの夜に」にしようとしていたが、小林が反対したことにより、現在の歌詞となった。2005年、2009年のドームツアーでは弾き語りで披露し、その時は「クリスマスの夜に」と歌った。
ひびきひびき (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 桜井によると自転車に乗っているときに頭に浮かんだという。タイトル候補に「クラッカー」や「響き」があったが、最終的に鈴木の一言で「ひびき」に決定した。
ひびき コードシングルのカップリングやシークレットトラックにインストゥルメンタルバージョンが収録された作品も存在するが、これらも本作以前のアルバムには収録されていない。Mr.Children単独の作品ではないが、桑田佳祐&Mr.Childrenによる「奇跡の地球」、
1999年、夏、沖縄1999年、夏、沖縄 (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children)
【es】 〜Theme of es〜「【es】 〜Theme of es〜」(エス テーマ オブ エス)は、Mr.Childrenの8枚目のシングル。1995年5月10日にトイズファクトリーより発売。
【es】 〜Theme of es〜 コード邦訳すると「【es】のテーマ」と言う通り、ドキュメンタリー映画『【es】 〜Mr.Children in FILM〜』の主題歌である。PVとこの映画のエンディングは、数ヶ所一致する場面がある。Mr.Children映像作品では唯一のDVD化がされていない映像作品である。
グッバイ・マイ・グルーミーデイズグッバイ・マイ・グルーミーデイズ (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 『Kind of Love』にも収録された。
グッバイ・マイ・グルーミーデイズ コードオリコンチャートでの最高順位は13位ながらも100週以上チャートインし続け、約4年6ヶ月後の1996年4月29日付けで累計売上が100万枚を突破した。
星になれたら星になれたら Mr.Childrenのアルバム曲で寺岡呼人が作曲に携わった唯一の曲。
星になれたら コード歌詞の内容から、一時期、卒業式などで歌われる曲にもなっていた。
風 〜The wind knows how I feel〜いつかは僕も 君のような 優しい風になれるかな 冬になったら 枯れ葉を食べて 大きな風になれるかな The wind knows how I feel
風 〜The wind knows how I feel〜 コードビルの谷間 走り抜けて 風は空に 舞い上がる 君は何を 見てきたの その透き通る体で アスファルトに 引きずられて 重いバックを 手に持って 汗だくのシャツ 丸めたハンカチ そんな人に君はそよ風を
君がいた夏君がいた夏 (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 「君がいた夏」(きみがいたなつ)は、Mr.Childrenの1枚目のシングル。1992年8月21日にトイズファクトリーより発売
君がいた夏 コード、曲の歌詞と比べるとやや違和感がある。デビュー前では、「夏が終わる」というタイトルであり、歌詞に出てくる主人公も少し若い。「夏が終わる 〜夏の日のオマージュ〜」とは特に関連性は無く、曲も別物である。
くるみくるみ (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) 発売当初はノンタイアップであったが、後にNTTドコモ・NTTドコモ東北CMソングとなった。桜井が風呂に入っている時に急にメロディーを思いついたという。
くるみ コード「Mr.Adults」が登場するストーリー性のあるものである。このPVは、「SPACE SHOWER Music Video Awards 04」で、「BEST VIDEO OF THE YEAR」と「BEST GROUP VIDEO」の2つの賞を受賞した。メンバーも「くるみ」のPVが一番好きと公言している。2007年には松竹系映画『幸福な食卓』の主題歌にもなり、
LOVE偶然だね こんな風に 会うたびに君が変わってく 見慣れないそのピアスの せいなのかな ちょっとだけキレイだよ
LOVE コードそれでもね 時々は 電話しておいで 昼間でも 夜中でも 遠慮はいらない 悲しい出来事に その笑顔を奪われたら 探しに行こう あの日のように
Mr.Shining MoonMr. Shining Moon Album「Everything」 泣き出した空は 路上に落ちて水たまり 月と話してる
Mr.Shining Moon コードAlbum「Everything」 泣き出した空は 路上に落ちて 水たまり 月と話してる 綺麗だね
my confidence songmy confidence song (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) ギター一本弾き語りというMr.Childrenではかなり珍しいタイプの曲である(同タイプの曲では『深海』に収録されている「So Let's Get Truth」がある)。
my confidence song コード後にその曲は、『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』にて一度限りの完成版が披露された。歌詞はA面やお蔵入りになった「花はどこへ行った」
my life62円の値打ちしかないの? 僕のラブレター読んだのなら 返事ぐらいくれてもいいのに なにげなく歩道を歩けば 壁の破れた映画のポスター 君を誘って断られたっけ Woo
my life コード二年前の失恋では “二度と恋などしたくない”って言ってたのに こんなありさまさ Woo 訳もなく人恋しい夜は 君がここにいてくれりゃ So nice テレビゲームに胸のうちをあかせば I miss you so ちょっぴりうぬぼれてた僕も ついにフラれた いい事ばっかある訳ないよ それでこそ my life いい事ばっかある訳ないよ それでこそ my life
逃亡者逃亡者 桜井ではなく、鈴木がボーカルを担当している数少ない曲。作詞・作曲は小林武史。
逃亡者 コードMr.Childrenのムードメーカーで、話し好きなためテレビ番組ではボーカルの桜井和寿よりも喋ることがある。基本的に下ネタが多い。
youthful days「youthful days」(ユースフル デイズ)は、Mr.Childrenの21枚目のシングル。2001年11月7日にトイズファクトリーより発売。前作「優しい歌」から約2ヶ月半ぶりのシングル。Mr.Childrenのシングルとしては前作との間隔が短いものとなった。
youthful days コードyouthful days (作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children) フジテレビ系ドラマ『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』主題歌。このドラマには主題歌の他に過去の曲が挿入歌として、当時未発売だった「君が好き」がエンディング曲に使われるなど、至る所でMr.Childrenの楽曲が使用された。
いつの日にか二人で『Kind of Love』(カインド オブ ラブ)は、Mr.Childrenの2枚目のアルバム。1992年12月1日にトイズファクトリーより発売。
いつの日にか二人で コード『Kind of Love』 前作のタイトルは何より大切なものという意味であり、Mr.Childrenにとって大切なものは愛ではないかという理由でまず「Love」という言葉が浮かんだが、当時のMr.Childrenにとってそれは少し重い言葉だったため、「愛のようなもの」を意味するタイトルとなった。
友達のままで『EVERYTHING』(エヴリシング)は、 Mr.Childrenの1枚目のアルバム。1992年5月10日にトイズファクトリーより発売。  友達のままで アマチュア時代のタイトルは「友達のまま」である。
友達のままで コード1991年の後半に小林武史と初対面し、同年12月からサウンドスカイ・スタジオとスターシップ・スタジオにてレコーディングを開始した。アルバムタイトル「EVERYTHING」は何より大切なものという意味で、桜井の「本作を聞いた人の大切な1枚になって欲しい」という想いが込められている。
スポンサーリンク




 

JASRAC/JRC許諾


許諾番号:9012080001Y38026
/9012080002Y31015


許諾番号:X000381B01L
/X000381B02L



アーティスト名の頭文字で検索して下さい。


ベース  アニソン   洋楽   邦楽  クラシック  artist  楽譜   コード