G-Tab.Net
アーティスト名/楽曲名の一部を入力すると検索できます。









RADWIMPS(ラッドウインプス)は、日本のロックバンドである。メンバーは4名。所属レコード会社はEMIミュージック・ジャパン。所属事務所は、(有)ボクチン(英語表記はvoque ting。所属はRADWIMPSのみ)。略称は「ラッド」もしくは「ウィンプス」。


スポンサーリンク



楽曲情報について、wikipedia(http://ja.wikipedia.org/)より引用しています。
楽曲名楽曲情報
ギミギミックギミギミック 野田曰く、”本当はギミギミギミックにしたかった”らしい。
有心論『有心論』(ゆうしんろん)は、RADWIMPSが2006年7月26日にリリースした、メジャー4枚目、通算7枚目のシングルである。
ます。
One Man Live/楽譜One man live アルバムを作る上でキーになった曲だという。野田曰く、「今までのRADWIMPSの流れを汲んでいながら、今までで一番遠いところまで行けた曲」。
One Man Live/コード譜アルバムからのファースト・シングルは「オーダーメイド」で、2008年1月23日リリースされている[2]この楽曲はオリコン週間CDシングルチャートにて、バンド初となる1位を獲得している。[
おしゃかしゃま/楽譜おしゃかしゃま 伝えたいことが多すぎて、当初は現在の5倍以上の歌詞になってしまい、かなり削ったが、それでもディレクターには多いと言われた。
おしゃかしゃま/コード2007年から2008年にかけて、アルバムより「オーダーメイド」が2007年12月24日よりラジオで、年を跨いで2008年1月16日に着うたフルで、パッケージでは1月23日にそれぞれシングル・リリースされた
叫べ叫べ」は、2009年3月11日発売のメジャー3枚目のアルバム『アルトコロニーの定理』収録の楽曲。
叫べ コード2007年、RADWIMPSはメンバー同士の意見の食い違いなどでバンドとして混沌としており、一時期は解散の危機にまで達していた。
なんちってなんちって(3分20秒) 歌詞の中にかめはめ波が出てくる。 本編での初披露はフライパン山の火事を消す際であり、亀仙人は最大出力のかめはめ波を放つ。火事は消したが、フライパン山も吹き飛んでしまった。
05410-(ん) 曲の意味は途中に これで5度目の別れ話ですというフレーズがあるとおり 失恋の曲。僕は君の親友かもしれない 僕は君の最低な友人かもね
05410-(ん) コード05410-(ん) (おこして). 失恋の歌。ほとんどが英語詞
オーダーメイド「オーダーメイド」は、RADWIMPSが2008年1月23日に発売したメジャー6枚目、通算9枚目のシングルである。
オーダーメイド コード同週にリリースしたケツメイシらアーティストの売り上げを押さえ、バンド初のオリコン週間チャート1位を獲得。
セツナレンサ「セツナレンサ」は、RADWIMPSが2006年11月8日にリリースしたメジャー5枚目、通算8枚目のシングルである。
セツナレンサ コード英語で速いラップ調のメロディーから始まるのに対し、サビはゆっくりと重い日本語の詞となる。この曲で、バンド初となるオリコンTOP10入りを果たした。
会心の一撃「会心の一撃」「痛恨の一撃」(ドラゴンクエストシリーズ)、クリティカルヒット (critical hit) とは、テーブルトークRPGやコンピュータゲームの戦闘での攻撃時に、低確率で、通常よりも大きなダメージが与えられることである。戦闘においては、強いものが弱いものに勝つのが当然であるが、ボクシングがラッキーパンチ一発で勝敗が決まることがあるように、通常では起こりえない大逆転もまれに発生する。それを再現するのがクリティカルヒットのルールである。
会心の一撃 コード一閃突き、雷光一閃突きヤリ専用特技。ミスすることが多いが、高い確率で会心の一撃が出る。雷光一閃突きと『IX』『X』の一閃突きは命中した場合は必ず会心の一撃になる。『ソード』での雷光一閃突きは必殺剣の一種で、敵全員に雷属性のダメージを与える。
25コ目の染色体「25コ目の染色体」(にじゅうごこめのせんしょくたい)は、RADWIMPSが2005年11月23日にリリースした、メジャー1枚目、通算4枚目のシングルである。RADWIMPSのメジャーデビュー作品。 PVは島田大介制作。
スポンサーリンク




 

JASRAC/JRC許諾


許諾番号:9012080001Y38026


許諾番号:X000381B01L
/X000381B02L



アーティスト名の頭文字で検索して下さい。


ベース  アニソン   洋楽   邦楽  クラシック  artist  楽譜   コード