G-Tab.Net
アーティスト名/楽曲名の一部を入力すると検索できます。










スレイヤー(SLAYER)は1981年に結成されたアメリカ合衆国のヘヴィメタルバンドである。メタリカ、メガデス、アンスラックスらのバンドと共に「Big Four(スラッシュメタル四天王)」の1つとされる。1986年にリリースされたアルバム『Reign in Blood - レイン・イン・ブラッド -』は英国ケラング!誌に"the heaviest album of all time by Kerrang!"と評された[1]。 歌詞やアルバムのジャケットに用いられる、死、自殺、精神異常、死体、サタニズム、連続殺人犯、戦争などといったテーマがしばしばアルバムの発売禁止及び延期、訴訟等をもたらし、宗教団体や一般大衆からの強い非難を受けることがある


スポンサーリンク



楽曲情報について、wikipedia(http://ja.wikipedia.org/)より引用しています。
楽曲名楽曲情報
Angel Of Deathエンジェル・オブ・デス (Angel Of Death)は、アメリカ合衆国のスラッシュ・メタル・バンド、スレイヤーが1986年に発表したアルバム『レイン・イン・ブラッド』のオープニング・トラック。バンドのギタリスト、ジェフ・ハンネマンによる歌詞は、ナチの医学者ヨーゼフ・メンゲレがアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所で行った人体実験を下地としている。ナチの医師を描いたこの楽曲の発表は、スレイヤーを親ナチ主義、あるいは人種差別者であるとの批判に晒すことになった。
Angel Of Death コード「エンジェル・オブ・デス」の曲と詞はスレイヤーのギタリスト、ジェフ・ハンネマンによるもので、ライブ・ツアー中にヨーゼフ・メンゲレに関する2冊の本を読み、これに触発されてのことである[3]。「メンゲレについて書かれた2冊の本をふと購入したんだよ。俺は『最悪だ、うんざりだ』って思ったんだけど、録音作業の時、こいつが頭から離れなかった。そこから『エンジェル・オブ・デス』の詞が出来たんだ」[3][4]
Raining Blood「Raining Blood」は、1986年のスラッシュ・メタルバンドSlayerのアルバムからの最終的な道、BloodのReignであり、バンドの署名の歌です。 それは、リリース以来あらゆるSlayerショーが上演されられた動いている主要部分になって、あらゆるSlayerのライブアルバムとDVDで特集されます。
Raining Blood コードバックグラウンド、および二元的な独奏をプレーするもう片方の道でコード進行をプレーする1つの道。 二元的な独奏に伴うのは、二元的な独奏が進歩をするのに従って
スポンサーリンク




 

JASRAC/JRC許諾


許諾番号:9012080001Y38026
/9012080002Y31015


許諾番号:X000381B01L
/X000381B02L



アーティスト名の頭文字で検索して下さい。


ギター購入  ベース  アニソン   洋楽   邦楽  クラシック  artist  楽譜   コード  MIDI