G-Tab.Net
アーティスト名/楽曲名の一部を入力すると検索できます。










X JAPAN(エックス・ジャパン)は日本のロックバンド。1989年にX(エックス)としてメジャーデビュー。その後1992年に現在のX JAPANに改名。1997年解散。2007年再結成。通称はX。


スポンサーリンク



楽曲情報について、wikipedia(http://ja.wikipedia.org/)より引用しています。
楽曲名楽曲情報
I'll Kill You『I'LL KILL YOU』(アイル・キル・ユー)は、Xの1枚目のシングル。1985年6月発売。発売元はDADA RECORDS。
Standing sex『Standing Sex/Joker』(スタンディング・セックス/ジョーカー)は、Xの7枚目(メジャー5枚目)
メジャーデビューアルバム『BLUE BLOOD』からシングルカットされた、メジャーデビューシングル。
RustyNail『Rusty Nail』(ラスティ・ネイル)は、X JAPANの8枚目(X JAPAN名義では2枚目)のシングル。
Silent Jealousy『Silent Jealousy』(サイレント・ジェラシー)は、Xの6枚目(メジャー4枚目)のシングル。1991年9月11日発売。
X2001年12月にユニバーサルからリリースされた「X JAPAN BEST -FAN'S SELECTION-」は、ソニーも含め全てオリジナル音源で製作されたベストアルバムとなっている。 なお、各メンバーのマネジメントについては解散後は全メンバーが独立した事務所を開いており、これは再結成後もそのままの事務所に所属した形での活動となる。よって、同一グループながらも所属事務所はバラバラという形態での活動となる見込みである。再結成後もX JAPANの公式ページと各メンバー個人のページとで情報に若干の差異があるのはこのためと考えられる。なお、X本体のページは主にYOSHIKIが全面的に管理を行っており、リンク先にも真っ先にYOSHIKI mobileが表示されるようになっていたり、YOSHIKI寄りの情報が多めに掲載される傾向がある。
Weekend『WEEK END』(ウィークエンド)は、Xの5枚目(メジャー3枚目)のシングル。1990年4月21日発売。
ART OF LIFE(ギターver1)『ART OF LIFE』(アート・オブ・ライフ)は、日本のロックバンドX JAPANが1993年8月25日にリリースしたの4枚目のアルバム(X JAPAN名義では初)であり、収録曲のタイトルである。
ART OF LIFE(ギターver2)元々、アルバム『Jealousy』に2枚組として発表する予定であったが、レコーディング中にYOSHIKIが倒れたことや、ヴォーカルのレコーディングの難航、ベースのメンバーチェンジ(TAIJI→HEATH)におけるベース・パートの差し替え、ソニーの上場問題が絡んだため、レコーディングが間に合わずミニアルバムとしてリリースされた。YOSHIKIはこのことを、「『ART OF LIFE』の音楽性が『Jealousy』との共存を拒んだ」と説明している。
Sadistic Desire(1)『Sadistic Desire』はインディーズ時代のアルバム『VANISHING VISION』に収録されていた曲のリメイク版である。
Sadistic Desire(2)このシングルからバンドロゴに現在の「?」を採用している。 なお、2007年の復活後に行われためざましテレビによるアンケートでは『紅』を抜いて投票数1位を獲得している。
Blue Blood/バンドスコア1BLUE BLOOD(ブルー・ブラッド)は日本のロックバンド、X(エックス)のメジャーファースト・アルバム。通算では2枚目。
Blue Blood/バンドスコア2アルバムタイトルは直訳で「青い血」であるが、(そういった意味を意図したタイトルではないが)「貴族出身」「名門の出」といった使い方が英語圏ではなされる。 メジャーデビューアルバムでありながら、オリコンの売り上げとしてはX JAPAN名義を含めバンド最多の100週以上のチャートインを記録し、100万枚以上を売り上げ、Jealousyに次いで2番目の売り上げとなった。
20th Century Boy(X)20Centuryボイズ(20世紀少年、Nijusseiki Sh、および#333;nen?)は、直木Urasawaによって作成されたサイエンスフィクション神秘マンガです。それは2002日本メディアArts Festival、および2003小学館Manga Awardで一般カテゴリ、1における2001講談社Manga AwardにExcellence Prizeを一般カテゴリで獲得しました;
20th Century Boy(X)コード話の最後の2本のボリュームが21Centuryボイズ(#363; isseiki Shと#333; 21世紀少年、Nij、およびnen?)という名で連載されました。2 シリーズは、多くの1960年代70-年代のアニメと同様に音楽を強く揺すぶるために多くの参照をします。
オルガスムこのレコードを発売する為だけに、YOSHIKIがEXTASY RECORDSを設立した。通販やライブ会場で販売していたが、売れ行きが好調だった為に追加分(枚数不明)をプレス。さらに追加プレスを予定していたが、ギタリストのJUNとベーシストのHIKARUが脱退してしまった為、結果的に初回分と追加分の計2500枚で生産を打ち切る事となる。
オルガスム/コードオルガスム (作詞・作曲:YOSHIKI 編曲:X) 後にメジャーデビューアルバム『BLUE BLOOD』に収録されたものとは、歌詞の一部やギターソロが若干異なり、本作の歌詞はより性描写が直接的である。ギターソロでハウリングしている。
ALIVE(作詞・作曲:YOSHIKI / 編曲:X) 1987?1988年まで演奏。イントロ部分にはベートーヴェンの「月光」の一部が使われている。
ALIVE コード。盤権の障害も無く、全てオリジナル音源で収録されている。「THE LAST SONG」が、翌年3月のリリースに先駆けてメモリアルトラックとして収録された。
CELEBRATIONhide TRIBUTE SPIRITS(トリビュートアルバム) (1999年5月1日)
CELEBRATION コード.N.AがMacに保存していたヴォーカル音源を使っている。現時点でhideバージョンの「CELEBRATION」はこのアルバムのみに収録。
DAHLIA1994年に東京ドームで行われた「青い夜」がLIVE初披露。しかし、この時演奏された物は歌詞の内容や、曲後半部分が異なる。シングル曲としては解散まで「Standing Sex/Joker」以来のBPM170による最後のハイスピード・ヘヴィメタルナンバーとなった。なお、アルバム『DAHLIA』に収録されているナンバーでは、ノイズが確認される箇所がある。
DAHLIA コード『DAHLIA』(ダリア)は、X JAPANのメジャー11枚目(X JAPAN名義では5枚目)のシングル。1996年2月26日発売。発売元はイーストウエスト・ジャパン(現・ワーナーミュージック・ジャパン)。
DEAR LOSER破滅に向かって(はめつにむかって)は、日本のロックバンドXが東京ドームにおいて、1992年1月5日から1月7日までの3日間において開催していたライヴ公演である。通称として東京ドーム3Daysと呼ばれることもある。
DEAR LOSER コードX JAPAN復活後初となるコンサートである、2008年3月の東京ドーム3days公演には、本公演と同じ『破滅に向かって』のタイトルが付けられた。 1日目・2日目ともに撮影が行われたが、現在までのあいだ正式には発売されていない。
MiscastMiscast (作詞・作曲:HIDE 編曲:X) 歯切れがよくテンションの高いロックソング。歌詞はアルバムコンセプトのジェラシーから連想し、栄枯盛衰がモチーフとなっている。
Miscast コード、「Cafe Le Psyence-hide LEMONed Compilation」というコンピレーションの1曲として彼の死後に音源化された。
Longing『Longing 〜跡切れたmelody〜』(ロンギング ときれたメロディ)は、X JAPANのメジャー9枚目(X JAPAN名義では3枚目)のシングル。1995年8月1日発売。
Longing コード1994年の12月30日から31日にわたって行われた東京ドームコンサート「青い夜」「白い夜」では、来場者にこの曲のデモバージョンが収録されたテープが配布された。このデモバージョンは、正式リリース盤と歌詞の一部とギターソロのメロディーが異なり、ドラムが入ってない。後にDVD-BOX「青い夜」「白い夜」にデモテープの内容がCD化されたものが付属した。
CRUCIFY MY LOVE『CRUCIFY MY LOVE』(クルーシファイ・マイ・ラヴ)は、日本のロックバンドX JAPANがイーストウエスト・ジャパンから1996年8月26日にリリースした、メジャー13枚目(X JAPAN名義では7枚目)のシングル。
CRUCIFY MY LOVE コード歌詞は全編英語だが、これはYOSHIKIいわく「海外盤をイメージして」とのこと。内容は、表面上はラブソング的な体裁となっているものの、実際は人種差別を扱ったものとなっている。レコーディングで長期間ロサンゼルスに滞在していた際、暴動や人種間の対立等を間近で見てきたことで、その時感じた「なぜ肌の色が違うというだけで憎しみ合わなければならないのか」との怒りや疑問を投げかけたものとなっている。
DRAIN(作詞:HIDE、TOSHI 作曲・編曲:HIDE) リズムトラックが打ち込みであり、YOSHIKIが演奏に参加していない。 後に、HIDEがzilch名義でタイトルを「What's up Mr.Jones?」に変えてカバーした。
DRAIN コード地盤が弱い地域の地盤改善のため、土中の水を排水する際に使用される排水用の杭→ドレーン工法 体内に溜まった体液等の排出などに使用する管→カテーテル
AmethystAmethyst(アメシスト)は日本のミュージシャンYOSHIKIのファーストソロシングル。1993年11月3日に東芝EMIからリリースされた。1993年4月21日リリースの「Eternal Melody」からのシングルカット。ビートルズのプロデューサーとして知られるジョージ・マーティンがプロデュースした。三菱電機企業広告CMソング。
Amethyst コード演奏はロンドン・フィルハーモニー管弦楽団。バイオリン・ソロはロンドン・フィルのスウェーデン人バイオリニスト、ヨアキム・スヴェンヘデンが務めた。
Joker『Standing Sex/Joker』(スタンディング・セックス/ジョーカー)は、Xの7枚目(メジャー5枚目)のシングル。1991年10月25日発売。
Joker コードXがメジャーデビューしてから発売したシングルでは初の、1曲目がアルバム未収録曲であり、唯一の両A面シングル。
JadeJade 作詞・作曲:YOSHIKI 「X JAPAN WORLD TOUR Live in TOKYO 〜攻撃続行中〜」で演奏された、再結成後に作られた楽曲。
Jade コード2008年12月31日のX JAPAN COUNTDOWN GIG 〜初心に帰って〜を皮切りにスタートしたX JAPANのワールド・ツアーの日本公演。新曲「Jade」や、復活後初披露となる「DAHLIA」などが演奏された。
I.V.『I.V.』(アイ・ヴィ)は、2008年のX JAPANの楽曲。全英語詞。一般販売された楽曲としては1998年の「THE LAST SONG」以来となる10年ぶりの新曲である。
I.V. コード2008年1月23日からiTunes Storeで配信が開始された。この曲は日本のロックバンドとしては初の全世界同時配信となり、同日に日本をはじめアメリカ、イギリス、オーストラリアなど世界23ヶ国(タイ、中国、台湾、香港でも配信予定)で一斉発売され、これでX JAPANは名実共に世界進出を果たすことになった。
Forever Love『Forever Love』(フォーエヴァー・ラブ)は、X JAPANの12枚目(X JAPAN名義では6枚目)のシングル。1996年7月8日発売。発売元はイーストウエスト・ジャパン。
Forever Love コード2001年当時内閣総理大臣であり自由民主党総裁であった小泉純一郎が、自ら出演する自由民主党のCMソングに使用した。
Tears『Tears』(ティアーズ)は、X JAPANの7枚目(X JAPAN名義では1枚目)のシングル。1993年11月10日発売。発売元はMMG(後のイーストウエスト・ジャパン、現・ワーナーミュージック・ジャパン)。
Tears コードタイトル表記でも「Tears ?X JAPAN Version?」とされることが多かった。HIDEがYOSHIKIにX JAPANの曲としてレコーディングをするよう進言したという逸話がある。
Stab Me In The Backビクターのオムニバスに収録されたもののリメイク。 ビクター版発売当時のメンバーはTOSHI、YOSHIKI、TAIJIの3人で、アルバムのブックレット内の写真もこの3人だけが写っている。PATAはメンバー表記に入っているがサポート扱いで、HIDEは当時はまだメンバーではなかった。
Stab Me In The Back コードテンポ200という「オルガスム」を上回るX史上最速のナンバー。1分間につき、ドラムを800発近く叩いている。HIDEはこの曲を「YOSHIKI殺し」と呼んでいた。
Love ReplicaHIDEがそこら中の色んな「音」を集めてプログラミング(リズムの音はスタジオにあった大きなゴミ箱を叩いた音である)。歌詞はフランス語。
Love Replica コード2010年の横浜公演の1日目のPATAとSUGIZOによるソロコーナー、2日目のPATAとSUGIZOとHEATHによるソロコーナーにおいてワンフレーズのみ演奏された。
THE LAST SONG『THE LAST SONG』(ザ・ラスト・ソング)は、X JAPANのメジャー16枚目(X JAPAN名義では10枚目)のシングル。1998年3月18日発売。発売元はポリドール。
THE LAST SONG コードジャケットは『THE LAST LIVE?最後の夜?』のForever Loveの最中に抱き合うYOSHIKIとTOSHI。
ENDLESS RAIN『ENDLESS RAIN』(エンドレス・レイン)は、Xの4枚目(メジャー2枚目)のシングル。1989年12月1日発売。 Xのメジャーデビューアルバム『BLUE BLOOD』からのリカット第2弾。
ENDLESS RAIN コード映画『ジパング』のテーマソングに起用された後、OVA『乙姫 CONNECTION 』の挿入歌としても使用された。
Desperate AngelDesperate Angel (作詞:TOSHI 作曲:TAIJI 編曲:X) TAIJIの作ったアメリカンロックンロール的な曲。イントロにアメリカのゴスペルが入る。
Desperate Angel コード『デスパレートな妻たち』(デスパレートなつまたち、原題:Desperate Housewives)は、アメリカ合衆国のABCで現在「season 7」が放送されている人気テレビドラマで、season 9まで制作計画がある。
EASY FIGHT RAMBLINGX初のシャッフル曲であり、メンバーがあれやこれやと曲を構想した結果、作曲はXとなった。因みに原曲はTAIJIが作ったとのこと。
EASY FIGHT RAMBLING コードサンストリート亀戸(サンストリートかめいど、Sun Street Kameido)は、東京都江東区亀戸にある商業施設。別名「ランブリングマーケット (Rambling Market)」。
PHANTOM OF GUILTPHANTOM OF GUILT (5:18)  (作詞:TOSHI / 作曲:TAIJI / 編曲:X) 1987?1992年まで演奏。 ToshI自らのコンプレックスを歌詞にしている。
PHANTOM OF GUILT コードファントム(Phantom、「ファンタム」とも) 西欧における、亡霊・幽霊のこと。またはそれを元にしたアンデッドモンスター ロールス・ロイス・ファントム - ロールス・ロイス社製の最上級リムジン(乗用車)
PROLOGUE WORLD ANTHEMPROLOGUE (〜WORLD ANTHEM) (2:35) (作詞:YOSHIKI / 作曲:F.Marino / 編曲:X) このアルバムのオープニングを飾るインスト曲であり、カナダのギタリスト、フランク・マリノ率いる『フランク・マリノ&マホガニーラッシュ』のカヴァー。メジャーデビュー初期のライブのオープニングS.Eでもある。
PROLOGUE WORLD ANTHEM コード文章や物語の導入部のこと。演劇では序幕、詩では序言という。 Prolog - プログラミング言語の一種。 Prolog (同人誌) - 子役・モデルへのインタビュー記事を中心に構成された同人誌。 Prologue 21 - 通信カラオケ「セガカラ」の機種名及びシリーズ名。
ROSE OF PAINROSE OF PAIN (11:49) (作詞・作曲:YOSHIKI / 編曲:X) YOSHIKIがタイトルと表紙絵に惹かれて購入した澁澤龍彦『世界悪女物語』の中で描かれている、エリザベート・バートリの残虐行為をテーマに作られた。バッハの『フーガ ト短調』のフレーズが随所で使われている。
ROSE OF PAIN コード田村 岳斗(たむら やまと、1979年5月28日 - )は、日本の元フィギュアスケート選手、プロスケーター、フィギュアスケートコーチ、フィギュアスケート解説者。1998年長野オリンピック日本代表。 プログラム シーズン1999-2000 FS WEEK END + Rose Of Pain by X Japan
Say Anything『Say Anything』(セイ・エニシング)は、Xの8枚目(メジャー6枚目)のシングル。1991年12月1日発売。 アルバム『Jealousy』からのリカットで、X名義時代の最後のシングルにして最大のヒット曲。テレビ朝日系ドラマ『ララバイ刑事'91』のエンディングテーマとして起用された。 この曲はキーも高く後半は高音パートが連続するゆえ、レコーディングは終了時にToshIが吐血したといわれるほど難航した。
SCARS「SCARS」(スカーズ)は、X JAPANの16枚目のシングル。1996年11月18日発売。HIDEが死去した1998年にジャケットを変えて再発売された。
SCARS コードシングルA面がYOSHIKI以外のメンバーで作曲された曲で発売されたのはこの「SCARS」のみである。 1994年末の東京ドームコンサートで「SCARS ON MELODY」として初めて披露された。
UNFINISHED12.UNFINISHED (4:28) (作詞・作曲:YOSHIKI / 編曲:X) 『VANISHING VISION』では未完成だったが、本作では完全なものが収録された。この曲で『ミュージックステーション』にも出演した。
UNFINISHED コード1988年にS.Eとしてのみ使用。 このアルバムのエンディングを飾る。 突然途切れる演出は、後のアルバム『BLUE BLOOD』へ繋がる。
Voiceless ScreamingJealousy (Xのアルバム)  6.Voiceless Screaming - 6:16 レコーディング中に喉を潰してしまったTOSHIが、自分自身をモデルに作詞。
Voiceless Screaming コードなおこの曲を演奏する秘訣はTAIJI本人いわく「フォークソングを勉強すること」だそう。 TAIJIは脱退後に自身のバンドであるD.T.Rで「Voiceless」としてカバーしている。
NO CONNEXIONオムニバス・アルバムSKULL THRASH ZONE VOLUME 1 発売日:1987年3月7日 レーベル:Victor 収録曲 STAB ME IN THE BACK NO CONNEXION
NO CONNEXION コードOCLCはWorldCatのデータベースを利用した図書館の目録作成サービスを提供している。2007年2月現在、11億冊以上の目録がデータベース化されており、世界最大の書誌データベースとなっている。Connexion は図書館員であれば利用でき、ダウンロードしてインストールする形でも使えるし、connexion.oclc.org というウェブにアクセスする形でも利用できる。
スポンサーリンク




 

JASRAC/JRC許諾


許諾番号:9012080001Y38026
/9012080002Y31015


許諾番号:X000381B01L
/X000381B02L



アーティスト名の頭文字で検索して下さい。


ギター購入  ベース  アニソン   洋楽   邦楽  クラシック  artist  楽譜   コード  MIDI