G-Tab.Net

アーティスト名/楽曲名の一部を入力すると検索できます。












「クラシック」 のtab譜/楽譜/コード譜のページ

スポンサーリンク



アーティスト情報について、wikipedia(http://ja.wikipedia.org/)より引用しています。
Artist名楽曲名楽曲情報
ボロディンだったん人の踊り『だったん人の踊り』(だったんじんのおどり:だったん人は韃靼人、ダッタン人とも)は、ロシアの作曲家アレクサンドル・ボロディンが作曲したオペラ『イーゴリ公』の第2幕の曲で、ボロディンの最も有名な曲のひとつであり、またクラシック音楽でも有数の人気曲である。
ヴィヴァルディ四季「春」第1楽章協奏曲第1番 ホ長調、RV.269「春」(La Primavera) アレグロ ( Vivaldi Spring mvt 1 Allegro(ヘルプ・ファイル)) 春がやってきた、小鳥は喜び囀りながら戻って来て祝っている、水の流れと風に吹かれて雷が響く。
 四季 夏奏曲第2番 ト短調、RV.315「夏」(L'Estate) アレグロ・ノン・モルト?アレグロ ( Vivaldi Summer mvt 1 Allegro non molto(ヘルプ・ファイル)) かんかんと照りつける太陽の絶え間ない暑さで人と家畜の群れはぐったりしている。松の木は枯れた。カッコウの声が聞こえる。そしてキジバトとスズメの囀りが聞える。柔らかい風が空でかき回される。しかし、荒れた北風がそれらを突然脇へ追い払う。乱暴な嵐とつんのめるかも知れない怖さで慄く。原譜には「暑さで疲れたように弾く」と指示がある。ヴァイオリンの一瞬一瞬の“間”に続いての絶え間ない音の連続が荒れる嵐を表現している。 アレグロ・プレスト・アダージョ ( Vivaldi Summer mvt 2 Adagio(ヘルプ・ファイル)) 彼の手足は稲妻と雷鳴の轟きで目を覚まし、ブヨやハエが周りにすさまじくブンブン音を立てる。それは甲高い音でソロヴァイオリンによって奏でられる。
 四季 秋協奏曲第3番 ヘ長調、RV.293「秋」(L'Autunno) アレグロ(小作農のダンスと歌) ( Vivaldi Autumn mvt 1 Allegro(ヘルプ・ファイル)) 小作農たちが収穫が無事に終わり大騒ぎ。ブドウ酒が惜しげなく注がれる。彼らは、ほっとして眠りに落ちる。 アダージョ・モルト(よっぱらいの居眠り) ( Vivaldi Autumn mvt 2 Adagio molto(ヘルプ・ファイル))
 四季 冬協奏曲第4番 ヘ短調、RV.297「冬」(L'Inverno) アレグロ・ノン・モルト ( Vivaldi Winter mvt 1 Allegro non molto(ヘルプ・ファイル))
 四季 冬 コードラルゴ ( Vivaldi Winter mvt 2 Largo(ヘルプ・ファイル)) 外は大雨が降っている、中で暖炉で満足そうに休息。ゆっくりしたテンポで平和な時間が流れる。 アレグロ ( Vivaldi Winter mvt 3 Allegro(ヘルプ・ファイル)) 私たちは、ゆっくりとそして用心深くつまづいて
ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」 第2楽章交響曲第9番ホ短調作品95『新世界より』(こうきょうきょくだいくばんほたんちょう「しんせかいより」、英: From the New World、独: Aus der neuen Welt、チェコ語: Z nového sv?ta)は、アントニン・ドヴォルザークが1893年に作曲した、4つの楽章からなる彼の9番目にして最後の交響曲である。古くは出版順により第5番と呼ばれていたが、その後作曲順に番号が整理されて、現在では第9番で定着している。
 交響曲第9番「新世界より」 第2楽章 コードこの3年間の在米中に、彼の後期の重要な作品がすくなからず書かれている。作品95から106までの曲がそれである。しかし、アメリカに着いた年の夏に書かれた『新世界より』は、チェロ協奏曲と並ぶ彼の生涯の傑作中の傑作であることは改めて言うまでもない。
スメタナモルダウ第2曲:ヴルタヴァ(Vltava) [編集] 1874年に作曲された。『モルダウ』(Moldau, ドイツ語名)の名で知られる。
 モルダウ コード楽曲の最終部分には、第1曲「ヴィシェフラド」の一節も組み込まれている。スメタナの故郷を思う気持ちが現れている。最初の主題は歌曲や合唱曲に編曲されて歌われている(#備考を参照)。
ブラームスハンガリー舞曲第5番ブラームスは1850年代の前半に、エドゥアルト・レメーニの伴奏者としてドイツの各地で演奏旅行を行い、その時にレメーニからロマの民族音楽を教えられて魅了された。
 ブラームスの子守唄子守唄、子守歌(こもりうた)は、子供を寝かしつけたり、あやしたりするために歌われる歌の一種。世界各国で様々なものが歌い継がれている。ララバイ (lullaby)、揺籃歌(ようらんか)ともいう。 子供を抱いたり、あるいは揺りかごで揺らしながら歌ったため、そのようなゆっくりしたリズムを持つものが多い。
ショパン夜想曲第2番 変ホ長調フレデリック・ショパンの夜想曲(やそうきょく)全21曲は作者が20歳の時から晩年に至るまでほぼ均等に創作されている。ほとんどが三部形式で、明瞭な中間部を持つものか、ロンド形式のものかに分けられる。
 幻想即興曲幻想即興曲(げんそうそっきょうきょく、Fantaisie-Impromptu)作品番号66は、ポーランドの作曲家フレデリック・ショパンが1834年に作曲したピアノ曲である。ショパンが作曲した4曲の即興曲のうち、最後に出版されたもの。 数あるピアノ曲の中で、最もよく知られる作品のひとつ。現在の版はショパンの死後友人のユリアン・フォンタナが改稿し発表したもので、「幻想」の題も彼によって付けられた。
ドビュッシー月の光ドビュッシーの『ベルガマスク組曲』の第3曲。ドビュッシーの作品の中で最も有名な曲の1つである。もとはピアノ曲であるが、種々の編曲により、色々な楽器で演奏されている。冨田勲によるシンセサイザー版は、アメリカで高い評価を受け、その後のシンセサイザー音楽ブームのきっかけになった。また、歌詞をつけてNHKの『みんなのうた』で放映されたこともある。
 月の光 コードドビュッシーの『艶なる宴』(詩はヴェルレーヌ)の中の1曲(歌曲)。初版と改訂版の2つの版を持ち、『艶なる宴』に収録されているのは後者である。
グリーグペール・ギュント第1組曲 「朝」『ペール・ギュント』(Peer Gynt )作品23は、エドヴァルド・グリーグの代表作の一つで、ヘンリック・イプセンの戯曲『ペール・ギュント』のために作曲した劇付随音楽。管弦楽のための組曲が2つ編まれており、それらが有名である。また他にもグリーグ自身の編曲で何曲かがピアノ独奏曲やピアノ伴奏の歌曲に編曲されている。
 山の魔王の宮殿にてグリーグはその後、再演のたびに改訂を行っており、1885年、1887年から1888年、1890年から1891年、1901年から1902年に改訂されている。
エルガー威風堂々『威風堂々』(いふうどうどう、英語:Pomp and Circumstance )作品39は、イギリスの作曲家エドワード・エルガーが作曲した管弦楽のための行進曲集。エルガーが完成したのは5曲であるが、21世紀初頭に未完の第6番が補筆完成されて新たに加えられた。
タレガアルハンブラ宮殿の想い出アルハンブラ宮殿(あるはんぶらきゅうでん)は、スペインのアンダルシア州グラナダ県グラナダ市南東の丘の上に位置する。ウマの背のような形をした丘は頂上部が長さ740m、幅205mにわたって平坦になっており、夏場非常に暑いと言われるグラナダの中でもとても涼しい場所に位置している。
リストラ・カンパネララ・カンパネッラ (la Campanella) はフランツ・リストが作曲した6曲から成る『パガニーニによる大練習曲』(Grandes Etudes de Paganini, S. 141) の第3番嬰ト短調。日本語では「ラ・カムパネッラ」「ラ・カン(ム)パネラ」、「ラ・カン(ム)パネルラ」などとも表記される。Campanellaとはイタリア語で「鐘」を意味している。その名の示すとおりニコロ・パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番ロ短調Op.7、第3楽章のロンド『ラ・カンパネッラ』を主題にリストが作り上げた。
 愛の夢愛の夢(あいのゆめ、独 Liebesträume)は、フランツ・リストが作曲した3曲から成るピアノ曲。サール番号541。3つの夜想曲(3つのやそうきょく)という副題を持つ。第3番は特に有名。
シューベルトセレナーデセレナーデ(独語:Serenade, 北ドイツではゼレナーデ、南ドイツ・オーストリアではセレナーデ)またはセレナード(仏語:sérénade)は音楽のジャンルの1つであるが、音楽用語ではない一般的な言葉としては、恋人や女性を称えるために演奏される楽曲、あるいはそのような情景のことを指して使う。
ガーシュウィンラプソディ・イン・ブルー『のだめカンタービレ (テレビドラマ)』エンディング。ラプソディ・イン・ブルー(Rhapsody in Blue)は、アメリカの作曲家ジョージ・ガーシュウィンが作曲、ファーディ・グローフェが編曲したピアノ独奏と管弦楽のための音楽作品である。
ビゼーカルメン『カルメン』 (Carmen) とは、ジョルジュ・ビゼーの作曲によるフランス語によるオペラである。オペラ『カルメン』は、プロスペル・メリメの小説『カルメン』を基にしたもので、アンリ・メイヤックとリュドヴィク・アレヴィがリブレットを作った。音楽(歌)の間を台詞でつないでいくオペラ・コミック様式で書かれている。全4幕。1875年、パリのオペラ=コミック座で初演されたが不評であった。ビゼーは初演から間もなく死去するが、その後エルネスト・ギローにより台詞をレチタティーヴォに改作されて上演され、人気を博すようになった。
プッチーニトゥーランドット『トゥーランドット』(Turandot)は、ペティ・ド・ラ・クロワ(François Pétis de la Croix)が1710年?1712年に出版した『千一日物語』の中の「カラフ王子と中国の王女の物語」に登場する姫の名前であり、また、その物語を基にヴェネツィアの劇作家カルロ・ゴッツィが1762年に著した戯曲、および、それらに基づいて作曲された音楽作品である。 上記に該当する音楽作品は複数存在するが、本項では、これらのうち最も有名なジャコモ・プッチーニのオペラ『トゥーランドット』について記述する。
ロッシーニウィリアム・テル序曲ウィリアム・テル序曲(英: William Tell Overture)は、1829年にジョアキーノ・ロッシーニが作曲した、オペラ『ウィリアム・テル』のための序曲。日本でもおなじみのクラシック楽曲の1つ。
ヴェルディ椿姫『椿姫』(つばきひめ)は、ジュゼッペ・ヴェルディが1853年に発表したオペラである。原題は『堕落した女』を意味するLa traviata(ラ・トラヴィアータ)。日本では原作小説『椿姫』と同じ「椿姫」(La Dame aux camelias(椿の花の貴婦人)の意訳)のタイトルで上演されることが多い。
ホルストジュピター大管弦楽のための組曲『惑星』(わくせい、The Planets)作品32は、イギリスの作曲家グスターヴ・ホルストの作曲した代表的な管弦楽曲である。この組曲は7つの楽章から成り、それぞれにローマ神話に登場する神々にも相当する惑星の名が付けられている。第4曲「木星」は非常に人気があり、特に有名である。
James Lord Pierpontジングルベル(ロック)ジングルベル(Jingle Bells)は、クリスマスの時期に世界中で歌われている歌。 1857年に牧師のジェームズ・ロード・ピアポントが作詞した歌で、ボストンにある自分の教会のサンクスギビングのお祝いで歌うために作った。
シベリウスフィンランディアフィンランディア(フィンランド語:Finlandia )作品26は、フィンランドの作曲家ジャン・シベリウスによって作曲された交響詩。シベリウスの作品の中でもっとも知名度が高い作品である。
バッハG線上のアリア「G線上のアリア」(ジーせんじょうのアリア)は、ヨハン・セバスチャン・バッハの《管弦楽組曲第3番》のうちでも、とりわけ名高い「アリア」楽章に付けられた愛称。通常はゆったりと伸びやかに演奏されるが、古楽器アンサンブルの場合には、必ずしもゆっくり演奏するとは限らない。
 トッカータとフーガ ニ短調数多いJ.S.バッハ(以下バッハ)のオルガン曲のなかでも特に人気の高い作品のひとつであり、ピアノで演奏されることも多く、レオポルド・ストコフスキー編曲の管弦楽版もある(ストコフスキーが指揮した映画「ファンタジア」でも演奏されている)。とりわけ開始部はあまりにも有名であり、喜劇などにもパロディ的に用いられることがある。(突然訪れた悲劇を面白おかしく強調する様な場合に用いられる。
 アヴェ・マリアアヴェ・マリア (Ave Maria) は、ラテン語で直訳すると「こんにちは、マリア」または「おめでとう、マリア」を意味する言葉。転じて、この一文にはじまるキリスト教(特にローマ・カトリック)の聖母マリアへの祈祷を指す。この祈りは教会によって伝えられるが、典礼行為ではなく、私的な信心業として伝わるものである。
 小フーガト短調《フーガ ト短調 BWV 578》は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハのオルガン曲。一説には、アルンシュタット時代(1703年?1707年)の作品であるとされるが、後述のようにイタリア盛期バロック音楽の影響も見られることや、フーガ主題のバランスのよさから、ヴァイマル時代(1708年?1717年)以降の成立とする説もある。
John Henry Newtonアメイジング・グレイスアメイジング・グレイス(英語:Amazing Grace, 和訳例:すばらしき恩寵)は、ジョン・ニュートンの作詞による賛美歌である。特にアメリカで愛唱され、またバグパイプでも演奏される。"grace"とは「神の恵み」「恩寵」の意。 原詞詞名(初行): Amazing grace! how sweet the sound 曲名(チューンネーム): NEW BRITAIN または AMAZING GRACE ミーター:86 86 (CM)
ラヴェルボレロ『ボレロ』(Boléro )は、フランス作曲家モーリス・ラヴェルの作曲したバレエ音楽である。初演は1928年11月22日にパリ・オペラ座で行なわれた。同一のリズムが保持されるなかで2種類のメロディーが繰り返されるという特徴的な構成を有しており、現代でもバレエの世界に留まらず広く愛される音楽の一つである。 日本初演は、1931年1月28日に日本青年館にて、ニコライ・シュフェルブラッドと新交響楽団(NHK交響楽団の前身)により行われた。
ベートーヴェン月光ソナタルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンのピアノソナタ第14番嬰ハ短調作品27の2『幻想曲風に』 (Klaviersonate Nr. 14 op. 27 Nr. 2 cis-moll "Quasi una Fantasia")は、ベートーヴェンが16番目に作曲した番号付きピアノソナタである。一般には『月光ソナタ』として知られており、ベートーヴェンの三大ピアノソナタのひとつに含まれる。
 歓喜の歌ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの交響曲第9番ニ短調作品125(ドイツ語:Sinfonie Nr. 9 d-moll op. 125)は、ベートーヴェンの9番目にして最後の交響曲である。副題として合唱付きが付されることも多い。また日本では親しみを込めて第九(だいく)とも呼ばれる。
 エリーゼのために(ロックver)バガテル『エリーゼのために』(独:Für Elise)は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの作曲した、よく知られたピアノ曲である。1810年作曲、イ短調。ロンド形式。WoO59の番号が与えられている。
 エリーゼのために(ロックver) コード曲のタイトルにある「エリーゼ」とは誰のことなのか、未だに不明とされている。 「エリーゼのために」は、本来「テレーゼ(Therese)のために」という曲名だったが、悪筆で解読不可能など何らかの原因で「エリーゼ(Elise)」となったという説が有力視されている。
 運命(Rock.ver)本交響曲は、日本では「運命」または「運命交響曲」という名称で知られているが、これは通称であって正式な題名ではない。ドイツ語で "Schicksalssymphonie" と呼ばれる場合があるものの、世界的にみれば「運命」という通称が普及している例は少ない。
 運命(Rock.ver) コードしかしこのシントラーの発言は、必ずしもこの作品の本質を表しておらず、現在では「運命」という名称で呼ぶことは適当でないと考えられている。
メンデルスゾーン結婚行進曲結婚行進曲(けっこんこうしんきょく)とは、結婚式で演奏される行進曲。多くの場合、新郎新婦の入場または退場の時に流れる。特に統計は無いものの、下記の2曲の演奏比率は圧倒的に高い。
Mozart(モーツァルト)アイネ・クライネ・ナハトムジーク『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』(Eine kleine Nachtmusik)ト長調 K.525は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したセレナーデ。モーツァルトの曲の中でも非常に有名な曲の一つ。セレナーデ第13番とも呼ばれる(モーツァルトが書いたセレナーデの第13番に相当する)。
 アイネ・クライネ・ナハトムジーク コード弦楽合奏、あるいは弦楽四重奏にコントラバスを加えた弦楽五重奏で演奏される。 次の4楽章からなる。 第1楽章:アレグロ、 ソナタ形式 ト長調 4/4拍子 第2楽章:ロマンツェ(アンダンテ) 三部形式 ハ長調 2/2拍子 第3楽章:メヌエットとトリオ(アレグレット) ト長調 3/4拍子 第4楽章:ロンド(アレグロ) ロンド形式 ト長調 2/2拍子
 交響曲第40番 ト短調交響曲第40番(こうきょうきょくだい40ばん)ト短調 K.550は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した交響曲。
 フィガロの結婚『フィガロの結婚』(フィガロのけっこん、伊: Le nozze di Figaro、仏: Les noces de Figaro、英: The Marriage of Figaro、独: Die Hochzeit des Figaro)は、フランスの劇作家カロン・ド・ボーマルシェの書いた風刺的な戯曲、ならびに同戯曲を題材にヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したオペラ作品である(Le Nozze di Figaro, K.492)。オペラ作品のリブレット(台本)はボーマルシェの戯曲に基づき、イタリア人台本作家ロレンツォ・ダ・ポンテが書いた。
 メヌエットメヌエット(英: minuet、独: Menuett、仏: menuet、伊: minuetto)は、ヨーロッパの舞曲のひとつ。4分の3拍子で、各小節の1拍目にアクセントが置かれる。比較的ゆったりとしたリズムで優雅に踊られる宮廷舞踊である。フランスの民俗舞踊に由来する。
ナルシソ・イエペス愛のロマンス-禁じられた遊び『禁じられた遊び』(きんじられたあそび、Jeux interdits)とは、フランスで製作され1952年に公開された映画である。アカデミー賞名誉賞(後の最優秀外国映画賞に当たる)、ベネチア映画祭サン・マルコ金獅子賞などを受賞した。映画は白黒である。
パガニーニカプリース「狂想曲」とも訳されるが、あることについての騒動を意味する比喩的な用法が一般的になったため、楽曲の内容に誤解を与える恐れがある
パッヘルベルカノンヨハン・パッヘルベルのカノンは、ドイツの作曲家ヨハン・パッヘルベルがバロック時代中頃の1680年付近に作曲したカノン様式の作品である。「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」(独
チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番 第1楽章ピアノ協奏曲第1番変ロ短調作品23はピョートル・チャイコフスキーが、友人のモスクワ音楽院院長のニコライ・ルビンシテインに刺激を受け、初めて作曲したピアノ協奏曲である。
 花のワルツチャイコフスキーの三大バレエの一つであり、初演から100年以上を経て数多くの改訂版が作られている。ちなみにくるみ割り人形とは、人形の形をした胡桃を割る道具のこと。
 白鳥の湖『白鳥の湖』(はくちょうのみずうみ ロシア語: Лебединое озеро)は、ピョートル・チャイコフスキーによって作曲されたバレエ音楽、およびそれを用いたバレエ作品。『眠れる森の美女』、『くるみ割り人形』と共に3大バレエと言われる。日本では当初、白鳥湖(はくちょうこ)と呼ばれていた。
マスカーニカヴァレリア・ルスティカーナ『カヴァレリア・ルスティカーナ』(Cavalleria Rusticana )は、イタリアの小説家ジョヴァンニ・ヴェルガによる小説(1880年出版)、同人による戯曲(1884年初演)、およびピエトロ・マスカーニが同戯曲に基づいて作曲した1幕物のオペラ(1890年初演)。題名は「田舎の騎士道」といった意味である。今日、特にイタリア語圏以外では最後のオペラ作品が有名となっており、本項でもオペラを中心に記述する。
シュトラウスツァラトゥストラはこう語った『ツァラトゥストラはこう語った』(Also sprach Zarathustra)作品30は、リヒャルト・シュトラウスが1896年に作曲した交響詩。『ツァラトゥストラはかく語りき』とも訳される。 フリードリヒ・ニーチェの同名の著作にインスピレーションを得て作曲されたが、原作の思想を具体的に表現したというわけではなく、原作のいくつかの部分を選び、そこから受けた印象・気分を表現している。
 ツァラトゥストラはこう語った コード1896年11月27日、フランクフルトで、作曲者指揮の第4回ムゼウム協会コンサートにて初演された。 初演時から賛否両論に分かれ、評論家エドゥアルト・ハンスリックや作曲家フーゴー・ヴォルフは非難し、作家ロマン・ロランや指揮者アルトゥール・ニキシュは好意的であった。 日本初演は1934年10月30日、奏楽堂にてクラウス・プリングスハイム指揮、東京音楽学校の管弦楽団によって行われた。この時、『アルプス交響曲』も日本で初めて演奏されている。
シューマントロイメライ『子供の情景』(こどものじょうけい、Kinderszenen)作品15は、ロベルト・シューマンの作曲したピアノ曲の代表作のひとつである。特に第7曲『トロイメライ』は名高い。
スコット・ジョプリンジ・エンターテイナージ・エンターテイナー(The Entertainer)は、1902年にスコット・ジョプリンによって作曲されたピアノのためのラグタイム楽曲。後に1973年のアカデミー賞受賞映画『スティング』のテーマミュージックとして使用されたことをきっかけに、1970年代のラグタイム復興の一端を担うこととなった。
ヴィットーリオ・モンティチャールダーシュヴィットーリオ・モンティのチャールダーシュは元々マンドリンのために書かれた曲であるが、ヴァイオリンやピアノ向けに編曲したものが知られている。
 チャルダッシュ コード以下はピアノ伴奏付きヴァイオリン版についての解説である。 Largo ニ短調。4分の4拍子。
ワーグナーワルキューレの騎行『ヴァルキューレ』(ドイツ語:Die Walküre)はリヒャルト・ワーグナーが1856年に作曲し1870年に初演した楽劇[1]。台本も作曲者による。『ワルキューレ』の表記もある[2]。ワーグナーの代表作である舞台祝祭劇『ニーベルングの指環』四部作の2作目に当たる。
 婚礼の合唱『ローエングリン』(Lohengrin)は、リヒャルト・ワーグナーのオペラ。台本も作曲者による。10世紀前半のアントウェルペンを舞台とする。以降に作曲された楽劇(Musikdrama)に対し、ロマンティック・オペラと呼ばれる最後の作品。バイエルン王ルートヴィヒ2世が好んだことで知られる。第1幕、第3幕への各前奏曲や『婚礼の合唱』(結婚行進曲)など、独立して演奏される曲も人気の高いものが多い。
リムスキー=コルサコフ熊蜂の飛行熊蜂の飛行(くまばちのひこう)(ロシア語:Полет шмеля)(英語 : Flight of the Bumblebee)は、ロシアの作曲家リムスキー=コルサコフが作曲した曲。「くまんばちの飛行」、「熊蜂は飛ぶ」、「くまんばちは飛ぶ」等とも訳される。 アレクサンドル・プーシキンの原作に基づき1889年から翌年にかけて作曲された歌劇「サルタン皇帝」(ロシア語:Сказка о царе Салтане)の第3幕で、主人公のグヴィドン王子が魔法の力で蜂に姿を変え、悪役の2人の姉妹を襲う場面で使われる曲である。


JASRAC/JRC許諾


許諾番号:9012080001Y38026


許諾番号:X000381B01L
/X000381B02L


ベース  アニソン   洋楽   邦楽  クラシック  artist  楽譜   コード