G-Tab.Net

アーティスト名/楽曲名の一部を入力すると検索できます。






「き」 行のアーティスト/作曲者のtab譜/楽譜/コード譜のページ


アーティスト情報について、wikipedia(http://ja.wikipedia.org/)より引用しています。
Artistの名前アーティスト情報
木村カエラ木村 カエラ(きむら かえら、1984年10月24日 - )は東京都足立区東和出身の女性ファッションモデル、歌手、タレント。本名:木村 カエラ
9mm Parabellum Bullet9mm Parabellum Bullet(キューミリ・パラベラム・バレット)は、日本のロックバンド。2004年に結成。2007年よりEMIミュージック・ジャパン傘下のCapitol Musicに所属。
銀杏BOYZ銀杏BOYZ(ぎんなんボーイズ)は、日本の4人組のロックバンドである。前身のバンドGOING STEADYの時に設立したインディーズレーベル『初恋妄℃学園』に所属し活動している。「銀杏ボーイズ」と書かれることがある。「銀杏BOYS」は誤記。
ギルガメッシュギルガメッシュ(girugamesh)は日本のヴィジュアル系バンド。2004年3月に活動を開始。バンドコンセプトは「男魂」。 バンドの英語名は、gilgameshではなくgirugameshである。
清春清春(きよはる 、本名;森清治(もり きよはる)、1968年10月30日 - )は日本のミュージシャン。血液型A型。身長171cm。黒夢以前に在籍したバンドはGARNET、SUS4等。 1991年に愛知県名古屋市を拠点として、清春と臣を中心に人時、鋭葵と共に『黒夢』を結成する。 バンド名の意味は『夢がない』『夢は叶わない』と言う意味とされているがこれは後付けであり、黒夢結成当時周りのヴィジュアル系バンド(当時は『化粧系』と言われていた)のバンド名の殆どが主に英語やフランス語等を使用した清春曰く『ラ行が多い』物であった事から、清春自身が『絶対に漢字がいい』と、前身バンドGARNETの楽曲であった『黒夢』をバンド名にする事を決めた事による。
9mm Parabellum Bullet(ベース) 中村和彦 (なかむら かずひこ、1984年4月24日 - )宮城県仙台市出身。 ベースとシャウトを担当。まれに作曲も担当する 使用機材は、ESPのAP。いずれのベースにもヒップショットを搭載している。(9mmの楽曲は半分がドロップDの為) ストラップの位置がかなり低く、シャウトはマイクを腰より下にセットしている。シャウトの歌詞は本人しか知らず、他のメンバーさえも知らない。 大学時代は菅原、滝より一年後輩であり、9mmに加入したのもメンバー中で最後だった。初めは中村以外のメンバーだけで活動していたが、さすがにベースなしでは寂しいということになり、菅原が電話で直接中村に加入交渉をした。 シャウトは、9mmに加入して間もない頃に、ライブでテンションが上がりすぎ、その勢いでしてしまったことから始まっている。 ライブでは、ベースを寝かせ琴のように弾いたり、ベースを投げ捨てシンバルを叩きに行ったり踊ったりする。また、常に長袖を着用している。MCは地元の仙台でしかしない。激しいライブパフォーマンスは滝を真似したという。
氣志團氣志團(きしだん)は、千葉県木更津市出身と鹿児島県出身のヤンキー系ロックバンド。契約しているレコード会社はEMIミュージック・ジャパン。所属事務所はソニー・ミュージックアーティスツ。 自らのロックをパンク・ロックとヤンキーの融合「ヤンク・ロック」と提唱する。1980年代の不良を髣髴とさせるリーゼント&学ラン姿とそれに反して甘い青春を歌い上げる彼らは、KISSES(キッシーズ)と呼ばれるファンから熱狂的な支持を受けている。 『めちゃ2イケてるッ!』の人気コーナーだった「数取団」のモデルである。ナインティナインと綾小路翔が「オールナイトニッポン」のパーソナリティ同士としてつながりがあったため、彼等もこれを公認しており、同コーナーにゲスト出演もしている。
吉川晃司吉川 晃司(きっかわ こうじ、本名同じ、1965年8月18日 - )は、広島県安芸郡府中町出身のミュージシャン、俳優。自身設立の所属事務所、株式会社アクセルミュージックエンターテイメント代表取締役社長。身長182cm。 1984年、シングル『モニカ』で歌手デビュー。『LA VIE EN ROSE』、『KISSに撃たれて眠りたい』、『VENUS 〜迷い子の未来〜』や布袋寅泰とのユニット、COMPLEXでの『BE MY BABY』などのヒット曲で知られる。また、デビュー当時は映画に多数出演しており、一時期は俳優業からは遠ざかっていたが、近年映画で活動している。
KICK THE CAN CREWKICK THE CAN CREW(キック・ザ・カン・クルー、漢字表記:踢館高手)とは、3MCと1DJからなるヒップホップグループ。現在活動休止中。 所属レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン(インディーズ、及びLP版はBURGER INN RECORDSでリリース)。通称「キック」、雑誌等では頭取って字を「KTCC」とも書かれている。グループ名を直訳すると「缶を蹴る奴ら」。その由来は、それぞれ活動していた3人が初めてコラボレートした楽曲「カンケリ」から来ている。Dragon Ash、RIP SLYMEと共に日本のメジャーシーンにおいてヒップホップを広く浸透させたグループである。 RHYMESTER、EAST END、MELLOW YELLOWを中心としたFUNKY GRAMMAR UNITや神輿ロッカーズの一員である。
cunecune(キューン)は、4人で構成される日本のバンド。シングル「カノン」リリース以前はCUNEと大文字を用いていた。1999年に結成。 同じKreisレーベルの別々の二つのバンド(亮三と泰造はRay、耕治と公登はIze)で活動していた4人が、小林亮三の呼びかけのもと、"胸キュン" な楽曲を世に問うべく集まり、バンド名をcune(キューン)と名付ける。
Kiroro(キロロ)Kiroro(キロロ)は沖縄県中頭郡読谷村出身の二人組の音楽グループ。所属事務所はJVCエンタテインメント。公式ファンクラブは「キロロ・ココロ・クラブ」である。ボーカル:玉城千春(たましろ ちはる、1977年4月17日- A型。タレントの玉城ちはるとは別人) ピアノ・キーボード:金城綾乃(きんじょう あやの、1977年8月15日- AB型)
KinKi Kids(キンキキッズ)KinKi Kids(キンキキッズ)は、ジャニーズ事務所所属の堂本光一、堂本剛の2人で構成される男性アイドルデュオである。 1992年結成。 略称「キンキ」・「KinKi」。北京語名「近畿小子」。 所属レコード会社はジャニーズ・エンタテイメント。
キングギドラキングギドラ (King Giddra) は日本のヒップホップグループ。1993年にK DUB SHINEをリーダーとして結成された。インディーズ時にP-VINE Recordsと契約、その後ソニー・ミュージックエンタテインメント傘下のデフスターレコーズと契約している。 グループ名は東宝のゴジラシリーズに登場した三つ首の怪獣「キングギドラ」から。グループ名を考えている時に、「日本を代表し海外でも知られている物」としてゴジラが候補に挙がるが、「金色でダークなイメージということからキングギドラのほうがヒップホップっぽい」ことや、「キングギドラは3本の首で自分達も3人組だから」という理由でキングギドラに決定したという。
キンモクセイキンモクセイは、日本のバンド。5人組のポピュラーミュージックグループ。略称は「キンモク」。 大手芸能事務所ケイダッシュグループの田辺音楽出版所属。所属レコード会社はBMG JAPAN。 伊藤、後藤、白井の3人は神奈川県相模原市出身(佐々木は東京都町田市出身、張替は静岡県出身である)[1]。また、伊藤と白井が神奈川県立相武台高等学校、後藤が神奈川県立新磯高等学校と市内の高校を卒業している。 結成当時は、佐藤大(ドラムス)と杉浦愛子(コーラス)を含めた6人組であった。2000年7月に現在のメンバー構成となる。
筋肉少女帯筋肉少女帯(きんにくしょうじょたい)は、1980年代後半から1990年代後半にかけて活躍し、2006年に活動を本格再開した日本のロックバンド。通称は「筋少」(きんしょう)で、アルファベットでは「King-Show」(初期は「KIN-SHOW」)と記す。
木村 弓木村 弓(きむら ゆみ)は大阪府出身の歌手・作曲家である。ライアーと呼ばれる竪琴を使い、弾き語りをする。神戸女学院高等学部在学中にアメリカに留学し、カリフォルニア州立大学でピアノを専攻。2001年スタジオジブリ映画「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」で一躍脚光を浴び、その年のNHK紅白歌合戦に特別ゲストとして出場。日本レコード大賞金賞(いつも何度でも)受賞。第56回毎日映画コンクール音楽賞、日本アカデミー賞主題歌賞受賞。
ギルガメッシュ(ベース)愁?shuU?(Bass)1984年12月26日生、O型 身長 - 175cm 体重 - 62kg 1.『獄-初犯型円盤-』(2005年5月25日) 2.『13's reborn』(2006年9月27日) 3.『Reason of crying』(2007年7月18日) 4.『Girugamesh』(2007年12月26日) 5.『MUSIC』(2008年11月5日) 6.『NOW』(2009年12月16日)
筋肉少女帯(ベース)内田 雄一郎(うちだ ゆういちろう、1966年2月8日 - )は日本のベーシスト。東京都中野区出身。愛称は『うっちー』。筋肉少女帯のメンバー。同バンドの大槻ケンヂとは中学校からの付き合いである。
清春(ベース)2003年にSADSの活動を一旦停止(後に自然消滅)し、同年夏からメジャーデビュー10周年の一環としてソロ・プロジェクトが始動する。同年10月30日にショートフィルムという形で『オーロラ』のPVを収録したDVDを発売する。「清春」名義としては実質初のリリースである。また12月にはソロデビューとなる公演「第三の扉」(東京・大阪の二公演)が敢行される
北出菜奈北出 菜奈(きたで なな、1987年5月2日 - )は、日本の歌手。北海道札幌市出身。身長160cm。血液型はO型。事務所はビッグアップル所属。
北出菜奈(ベース)3歳の頃からピアノを始める。デビュー当時から自身が全ての曲を作詞している。作曲のほとんどは西川進、本間昭光と山口寛雄が手がけている。ライブ中に楽曲によっては、ギターやタンバリンを弾くことがある。小学校在学時は6年間リレー走の選手だった。椎名林檎のファン。
木村カエラ(ベース)母は日本人、父はイギリス人。カエラ (Kaela) とはヘブライ語で「最愛」の意味。本人曰く「両親はそんな意味を知らず、語呂がいいからつけたんじゃないか」とのこと。また、タモリ倶楽部に出演したときには、「イギリス人は、私の名前をカエルと発音してしまう」と語った。
KISSキッス(KISS)は、1973年1月にアメリカで結成された、ハードロック/ヘヴィメタルバンド。特徴的な白塗りの化粧と奇抜な衣装により話題となった。彼らのファンは、キッスアーミー(KISSARMY)と呼ばれる。
Kamelotキャメロット(Kamelot)は1991年にアメリカのフロリダ州タンパで結成されたメロディックパワーメタルバンド。バンド名はアーサー王の伝説上の城キャメロット(Camelot)に由来する。
Kamelot(ベース)Sean Tibbetts, (who formerly used the stage name Sean Christians), is an American bass guitarist and current bass player for symphonic power metal band Kamelot. He was the original bassist, and is one of the founding members.
KISS(ベース)ジーン・シモンズ (Gene Simmons 1949年8月25日 - )は、アメリカ合衆国のロックバンド、キッスのベーシスト、ヴォーカリスト、作詞、作曲も担当。特にステージでは、火吹き、血を吐くパフォーマンスなど、演出面で大きく貢献する。キャラクターは悪魔のメイクを施したThe Demon。他にもプロデューサーや俳優としても活動。身長185cm。
岸田教団岸田教団(きしだきょうだん)は、岸田が主宰する同人音楽ユニットもしくはバンドである。 以前から、『東方Project』のアレンジCDや、オリジナル楽曲を手がけていた。 メジャーデビュー以前のCDなどの製作物は、コミックマーケットや同人ショップで頒布され、後者には再発売という形で不定期に在庫を追加するが、後述の通り3rdアルバム以前と以降で、音楽性がかなり変わること、それに伴うクオリティの差などを考慮してか、3rdアルバム以前のCDの再発売はないと岸田が発言している。
清浦夏実清浦夏実 (きようら なつみ、1990年7月4日 - )は日本の女優、歌手。 所属事務所はオスカープロモーション、所属レコード会社はビクターエンタテインメント系列のアニメ関連レーベルflying DOG。千葉県出身。
℃-ute℃-ute(キュート)は、ハロー!プロジェクトに所属する日本の女性歌手グループ、女性アイドルグループ。シャ乱Qのボーカルであるつんく♂がプロデュースを手掛けている。 ハロー!プロジェクト・キッズ(当時15人)のうちのBerryz工房のメンバー(当時8人)を除く7人(この7人がオリジナルメンバー)により、2005年6月11日に結成された。その後翌2006年1月2日に、ハロプロエッグから有原栞菜が加入して8人になったが、同年10月31日に村上愛が脱退し、さらに2009年7月9日に有原が脱退、同年10月25日に梅田えりかが卒業したので、現在は5人となっている。
スポンサーリンク




JASRAC/JRC許諾


許諾番号:9012080001Y38026
/9012080002Y31015


許諾番号:X000381B01L
/X000381B02L


今日のおすすめ

アーティストの名前曲名情報
リストラ・カンパネララ・カンパネッラ (la Campanella) はフランツ・リストが作曲した6曲から成る『パガニーニによる大練習曲』(Grandes Etudes de Paganini, S. 141) の第3番嬰ト短調。日本語では「ラ・カムパネッラ」「ラ・カン(ム)パネラ」、「ラ・カン(ム)パネルラ」などとも表記される。Campanellaとはイタリア語で「鐘」を意味している。その名の示すとおりニコロ・パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番ロ短調Op.7、第3楽章のロンド『ラ・カンパネッラ』を主題にリストが作り上げた。


ベース  アニソン   洋楽   邦楽  クラシック  artist  楽譜   コード